読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕ウィキペディアタウンサミット 2017 京都

f:id:mia-nohara:20170305180759j:plain

悠長な感じで会場入りしたら、「会計係がまだ来ていない」と騒然としていた。それはまあ、そうだろう(申し訳ない)。「ウィキペディアタウンサミット 2017 京都」当日。おれはOpenGLAM JAPANの事務局として、金回り担当で参加する。

Wikipedia:オフラインミーティング/関西/ウィキペディアタウンサミット 2017 京都 - WikipediaWikipedia:オフラインミーティング/関西/ウィキペディアタウンサミット 2017 京都 - Wikipedia

ウィキペディアタウンにはたびたび裏方スタッフとして参加しているが、編集に参加したことはまだない。事務局というのは、自分の興味関心と少し離れている取り組みのほうがやりやすい。アートアーカイブの事務方をやっていたときは、なまじ好きな分野であるだけに、どっぷり関われない、「蚊帳の外」のような淋しさがあった。OpenGLAM JAPANの事務は、観察者みたいな感じで、マニアックな人たちと関われて面白いと思っている。

前半はこれまで日本各地で開催されてきたウィキペディアタウンの報告。後半はファシリテーター養成講座として、実際のウィキペディアタウン(ミニ版)と、ウィキペディアタウンを運営してきた人、これからやろうとしている人とを交えたシンポジウム。そして、新たな分野との連携の可能性のミニレクチャー。

f:id:mia-nohara:20170305134342j:plain

電源タップにおのおののパソコンをつなぎ、一斉にWikipediaの項目が編集されていく様。ふだん、Facebook上でじゃれ合っている人々のオフ会っぽい要素もありつつ会場は和気あいあいとしている。詳細な中身については偉大さんに譲ることにしよう。

思えば、大学受験以来の京都。このまちで学生時代を過ごす可能性もあったことを思うと感慨深い。

大隈公園といふのがあつた、そこは侯の生誕地だつた、気持のよい石碑が建てられてあつた、小松の植込もよかつた、どこからともなく花のかをり――丁字花らしいにほひがたゞようてゐた、三十年前早稲田在学中、侯の庭園で、侯等といつしよに記念写真をとつたことなども想ひ出されてしようぜんとした。

[種田山頭火 行乞記 (二)一九三一(昭和六)年]

「お狩り場」で信州ジビエを堪能する。信州からの参加者も多かったから、自分がどこにいるのかだんだんわからなくなってくる。鍵屋荘で二次会。これからの生き方の話などを熱めに。

〔日記〕時空のねじれ

結構二日酔い。ウィキペディアタウンサミットの準備をする。宿泊用の荷物を抱えて、鎌倉駅大船軒で中華そばとおにぎり・いなり寿司。横須賀線から銀座線へ乗り換えて日本橋へ。日本図書館協会へ図書館政策セミナー「図書館の指定管理者制について」を聞きに行く。

途中、大きな橋を渡る。江戸時代との風景がシンクロする。霧が立ち昇るように、ゆるゆると川を滑る渡し船の姿が見えるような気がした。江戸前寿司と柳。立ち寄りたい飲み屋をいくつか発見したが、後ろ髪を引かれながら京都へ向かう。

此宿は便利のよい点では第一等だ、前は魚屋、隣は煙草屋、そして酒屋はついそこだ、しかも安くて良い酒だ、地獄と極楽とのチヤンポンだ。
一年中の好季節となつた、落ちついて働きたい!

[種田山頭火 行乞記 (二)一九三一(昭和六)年]

新幹線の中で仕事をしようと思ったが、爆睡。ほんと、落ち着いて働きたいぜ。
京都駅は斬新だ。高校三年生のとき、京都精華大学AO入試を受けに来て以来だ。そのときは群馬から夜行バスで、朝早くに京都駅について、トイレで顔を洗っていた。京都駅といえば、顔を洗った思い出がもれなくついてくる。

f:id:mia-nohara:20170304195439j:plain

駅を出ると京都タワーが出迎える。東女は思わず写真を撮る。
人混みに混ざって烏丸通りを歩く。歩いているのはほとんど中国からの観光客だ。東本願寺を通り抱えると、突然時代が変わる。平安の闇。京都には暗闇がまだ残っている。羅生門の幻。百鬼夜行の気配。辻と辻がいくつもの次元を結ぶ。三日月が御影堂を照らす。

岡本と合流。呑みに出かける。赤垣屋は満席で入れず。どこもとても混んでいる。「よしみ」でお腹をふくらませて、日本酒barあさくらへ。鍵屋荘に泊まる

〔日記〕夢を白紙に戻したそののち

長風呂な性分である。高校生の頃の共同生活で一番辛かったのは、風呂に入ってよい時間が1人20分までだったことだ。

風呂の中では、決まって本を読む。髪を洗いながら考え事をする。恥ずかしい失敗を思い出して、一人で呻いていたりもする。あとは、人生について考える。生き方とか、夢だとか、青くさい感じのことを。

母校で講演をして欲しいと頼まれた。中学一年生に、働いている先輩のリアルな声を届けて欲しいのだという。「図書館でお金をもらう仕事をしながら、物を書いて生きていく」「図書館に関わるなら、最先端の情報でいつも磨かれていたい」「一つの場所にとどまるのは退屈だから、日本中を渡り歩いて働きたい」。10代の頃の夢は、つまりみな現実になったわけだ。

最後の質問で、「では、今の野原さんの夢は?」と訊かれて返答に詰まった。

www.slideshare.net

少し前なら、「ベストセラーを書くこと」とか「ノーベル文学賞を取ること」とか答えていただろう。書いて生きていけるなら死んでもいいと思っていた。でもそれは、ただ有名になりたいだとか、賞を取りたいだとかいう虚栄心に過ぎなかったのではないか? 書きたいことの一つももっていない無いくせに。

しばらくの間、夢をリセットしていた。書かなくても生きていけるんじゃないか。求められた仕事をしていて、それが面白いのであるならば。「今の夢は?」という問いには、「明確に目指しているものはないけれど、求められて、流れ流れてここまできたので、もう少し流されてみようと思います」と答えた。

今の仕事は面白い。しかしもし、働かなくても充分生きていけるだけのお金があったら、おれはこの仕事を続けるだろうか。風呂の中で何度も問い直していた。得意で、好きで、喜ばれる仕事。でもおれは、いつもどこかに冷めている自分を感じている。

一方でやっぱり、書いている人にいつも嫉妬している。売れっ子作家にインタビューをしながら、おれがそちら側で話したいと思う。本をつくる仕事をしているオフィスの仲間を、とてもうらやましく思う。

朝日の差し込む風呂の中で、ふと天啓がおりてきた。
書くしかなんだろうな、やっぱり。
死んでもやりたいことは、それなんだろう。書きたいことがなくたって、駄文だって、読む人がいなくたって、たぶんずっと書くんだろう。それが小説なのかノンフィクションなのか、インタビューなのか解説なのかはわからないけれど、とにかくずっと書くんだろう。

iPhoneを新しくしたとき、ケースには虎の柄を選んだ。いつでも中島敦の「山月記」を思い出すように。おれは、李徴にはならない。

己は詩によって名を成そうと思いながら、進んで師に就いたり、求めて詩友と交って切磋琢磨せっさたくまに努めたりすることをしなかった。かといって、又、己は俗物の間に伍ごすることも潔いさぎよしとしなかった。共に、我が臆病な自尊心と、尊大な羞恥心との所為せいである。己おのれの珠たまに非あらざることを惧おそれるが故ゆえに、敢あえて刻苦して磨みがこうともせず、又、己の珠なるべきを半ば信ずるが故に、碌々ろくろくとして瓦かわらに伍することも出来なかった。

中島敦 山月記

コバカバで日替わり定食。塩鯖。午後から関内へ出社。

もう野でも山でも、どこでも草をしいて一服するによいシーズンとなつた、そしてさういふ私の姿もまた風景の一点描としてふさはしいものになつた。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

夜、指宿からかおる館長がやってきた。みなで「ほおずき」へ行く。初対面同士が多いとは思えないほど、盛り上がった。

f:id:mia-nohara:20170304091009j:plain

李さんの帽子とメガネを奪って、李さんに変装するまさおさん(その後ろに本物の李さん)。

〔日記〕雨に煙る東京

f:id:mia-nohara:20170303153247j:plain

  • 焼き棄てて
  • 日記の灰の
  • これだけか
  • 山頭火

また日記をつけ始める。実は、新年になって、一月八日からつけ始めていた。

だれかの日常生活だなんて、ネットで公開されているところで、どうでもいいものかもしれない。でも、高山なおみさんの日記『日々ごはん』を読んで、おれの人生は確かに変わった。レストランで働いていた日々から、独立していく緩やかな日々への移り変わり。時折はさまっている鋭い指摘、観察眼。夫であるスイセイさんとのやりとり。そんなもののすべてが、とてもうらやましいと思った。

続きを読む

「とびらプロジェクト」フォーラム【美術館から社会的課題を考える】に行ってきました。

東京都美術館と東京藝術大学が連携する「とびらプロジェクト」。その取り組みを紹介するフォーラム「美術館から社会的課題を考える ―する/されるをこえて」を聞きに行ってきました。登壇者は、東京藝術大学教授の日比野克彦氏、働き方研究家の西村佳哲氏、アーツカウンシル東京の森司氏、東京都美術館学芸員の稲庭彩和子氏、東京藝術大学特任教授の伊藤達矢氏。

f:id:mia-nohara:20170204172055j:plain

続きを読む

「ミュージアムITセミナー 2017 in 東京」に行ってきました。(後編)

筑波大学東京キャンパスで開催された「ミュージアムITセミナー 2017 in 東京」に行ってきました。2コマ目の三次元計測について。

前編はこちら。
mia.hateblo.jp

続きを読む

「ミュージアムITセミナー 2017 in 東京」に行ってきました。(前編)

筑波大学図書館情報メディア系が主催する「ミュージアムITセミナー 2017 in 東京」に行ってきた。会場となる筑波大学東京キャンパスは、株式会社図書館流通センター(TRC)本社のすぐそばだった。

ミュージアムITセミナー 2017 in 東京
2017年1月30日(月)@筑波大学東京キャンパス文京校舎 121講義室

「ミュージアムITセミナー 2017  in 東京 」の開催について | ミュージアムメディア研究所 Museum Media Labo「ミュージアムITセミナー 2017 in 東京 」の開催について | ミュージアムメディア研究所 Museum Media Labo

続きを読む

文化庁国際シンポジウム「現代芸術アーカイヴの構築に向けて—— 保存・発信・活性化」に参加しました。

慶應義塾大学三田キャンパス南校舎ホールで開催された、新進芸術家海外研修制度発足50周年記念 国際シンポジウム「日本の現代美術を支える——未来へ、そしてレガシーへ」の第2日目、「現代芸術アーカイヴの構築に向けて—— 保存・発信・活性化」に参加してきました。

zaiken50.jp

続きを読む

〔書評〕いま何の仕事をやったらいいのか脳に聞いてみよう~菅原洋平『脳にいい24時間の使い方』

「朝は創造的な仕事をして、昼は運動して、夜は語らい合う」のがいいと、アン・モロウ・リンドバーグの『海からの贈物 (新潮文庫)』には書いてあった気がする。「そういう生活って素敵!」と思ってフリーランスになったわけだが、科学的にはどうなの? ということで、『脳にいい24時間の使い方』を読んでみた。

脳にいい24時間の使い方

脳にいい24時間の使い方

続きを読む

〔日記〕アルコールがなくては私の生活はあまりにさびしい

 九月十九日 晴、小林町、川辺屋(四〇・中)

いかにも秋らしいお天気である、心もかろく身もかろく午前中三時間、駅附近を行乞する、そして十二時の汽車で小林町へ、また二時間行乞。
此宿は探しまはつて探しあてたゞけあつてよかつた、食べものは近来にないまづさであるが、一室一燈を占有してゐられるのが、私には何よりうれしい。
夜はだいぶ飲んだ、無何有郷を彷徨した、アルコールがなくては私の生活はあまりにさびしい、まじめですなほな私は私自身にとつてはみじめで仕方がない。

種田山頭火 行乞記 (一)

二〇一六年の九月十九日は雨である。台風が接近しているせいか、このところの天気予報はいつも雨だ。鬱々としているのはそのせいだろうか。朝になっても起きる気にならず、昼過ぎまで薄暗い空を見ては、眠りの中に引きずり込まれる。こんなことをしている場合ではないのにという焦りに心臓のあたりがきゅうきゅうと痛む。

風邪もあまりよくならない。目覚めた瞬間から体の痛みにのたうつ。前日に入れたスケジュールを諦める。昼からワインを流し込み、考えるのやめにする。

f:id:mia-nohara:20160913001659j:plain

でもおれは知っている。その鬱のすべてが、小説が上手く書けないせいであることを。

〔書評〕檻から出た獣が最後に犯した「罪」とは? ~ 薬丸岳『ラストナイト』

顔には豹柄の刺青、左手は義手。何度も罪を犯し、その半生の殆どを刑務所で過ごしてきたた片桐達夫。59才になった片桐が刑務所を出てからふらりと顔を出したのは、30年来の友人である菊池正弘の居酒屋「菊屋」だった。

ラストナイト

ラストナイト

物語は、片桐を取り巻く人間の視点から語られる。菊池、弁護士の中村、娘のひかり……。世間から忌み嫌われる片桐だが、読み進めるうちにその刺青の下に隠された感情が気になって仕方なくなる。乱暴な素振りの裏に、ふと彼の人間らしい情がのぞく。

続きを読む

終わりなき銀河に旅立つために ~水族館劇場 東京報告会 に行ってきた。

水族館劇場という役者徒党がある。鎌倉の立ち飲み屋、ヒグラシ文庫に通うようになって、その存在を知った。寄せ場を中心に各地を流浪し、野外劇を続けている集団である。ヒグラシ文庫の店主、中原蒼二氏がこの劇団のプロデューサーだ。

古本遊戯 流浪堂を会場にして開催された2日目のトークイベント「グローバル化への抵抗として」におじゃましてきた。

f:id:mia-nohara:20160801154547j:plain

2日間に渡るトークイベント「終わりなき銀河に旅立つために」は、2016年5月に三重県芸濃町(現在は津市に合併されている)の巡礼札所の境内で打たれた芝居「バノラマ島綺譚外傳 この世のような夢」の報告会であり、東京公演につなげるための礎石となる。

続きを読む

文学って何だ!?

お絵かきの延長で漫画を描くようになって、小学校高学年になるとちょっと背伸びしてファンタジーを書くようになった。メルヘンでなく、血みどろに戦ったり、世界が終わったりする暗いやつを。

高校ではログインすればパソコンが自由に使えるので嬉しくて、とにかく書きまくった。部活を5つ兼部して、そのうち2つが部長という超ハードな日々だったたけれど、30分でも時間がとれればパソコン室に走って行った。

自然環境科を卒業した後は、山でフィールド調査とネイチャーガイドをして食っていこうと思っていた。しかし、いかんせん実験とかが性に合わない。それならば文章を書く人になって、理系の人たちが研究している難しいことを噛み砕いて、わかりやすい文章や物語にしてしまえばいいんじゃないか。そうだ、大学は芸術学部か文学部に行こう。

f:id:mia-nohara:20160801104503j:plain

意気揚々と大阪芸大オープンキャンパスに行く。おかっぱ頭の草間彌生みたいな文芸学科の教授に思いを力説する。
たつみや章みたいに、環境問題に興味を持ってもらえるような童話を書きたいんです!」
教授はのけぞって笑った。
「貴方ね、文学とは、そういうものではないのよ」

続きを読む

〔書評〕仕事は「ロケットスタート」で集中すべし。~中島聡『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』

著者は、米国マイクロソフト本社でWindows95の基本設計を担当した中島聡(なかじま・さとし)氏。「右クリック」「ダブルクリック」「ドロップ&ドラッグ」の生みの親で、現在はUIEvolutionのCEOである。プログラマーとしての視点から仕事術を説く。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

続きを読む