読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕「自分にしか関心が無い」

f:id:mia-nohara:20170406010007j:plain

  • もう飲むまい
  • カタミの酒杯を
  • 撫でてゐる
  • 山頭火

ARGの合宿初日。午前中のうちに溜まっている仕事を片付けようと思っていたが、「この人生で自分はどこへ向かおうとしているのか」「もっとも優先順位を高くして取り込まなくてはいけないことは何か」を考え始めて手が止まる。ずっと昔に読んだ1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)なんて買ってみたりする。

世間師には、たゞ食べて寝るだけの人生しかない!

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

鎌倉駅でARGの皆と合流。なると屋+典座へ。滋味深い定食をいただく。

月の宿にチェックイン。「ARGで働くことの不安について」をお題に皆でぽつぽつと話す。iPadでメモをとる。

公共施設をつくるコンサルトして働くことの、まっとうなモチベーションを探していた。「海明ちゃんは自分のことにしか興味あらへんのに、公共の仕事なんてできるんかいな」そう言った友人の言葉がずっとひっかかっていた。確かにそうだ。おれは自分の内側にしか興味はなかった。

旅をしながら暮らし、地方の旨い酒と肴を味わう。そのこと他に高邁なモチベーションが欲しい。例えば、新しい施設ができることで、そのまちに住む人たちの人生がいくらか好転すること、だとか。それを心から願えないという自分の欠陥を他人に話すのは、特に同じ仕事を一緒にしている仲間に話すことは、素面ではとても勇気のいることだった。

「今はそれでいいんじゃないかな。その視点で仕事に携わっている野原さんがどんなものを書いていくのか、読んでみたいよ」そう肯定してもらう。なにかひとつ吹っ切れたような気がした。

普段の会議では話せない、胸に抱えている不安やモヤモヤ。いつもとは違う環境だからこそ、話せることなのかもしれない。それらひとつひとつをじっくりと聞き、アドバイスをしていく最年長の李さんは、まるでカウンセラーのようだった。このチームはまだ凸凹しているけれど、ようやくこの段階までやってきた。同じ船に乗り合わせた仲間として。

津久井へ。慌ただしくお好み焼きを焼く。笑い転げる。ビール2杯、日本酒一合。津久井玉、ショウガ玉、鶏の手羽先、鴨ネギ焼き、津久井やきそば。

f:id:mia-nohara:20170405193931j:plain

社長とヒグラシへ。ハジちゃんに紹介する。経営者同士、気が合うところがあったみたいだ。常温一合。社長を置いて、大船へ銭湯に行った組と合流。黄昏エレジーで日本酒一合。終電でバタバタと鎌倉へ戻る。

〔日記〕来客

f:id:mia-nohara:20170405084646j:plain

  • みんな芽ぶいた
  • 空へあゆむ
  • 山頭火

本を開いて抱えたまま寝ていたらしい。

iPadの設定、最後の仕上げとして、Duet Displayを試す。その他、気になっていたアプリをいくつかダウンロードした。ジロウが早く起きてきて、幸せについて語る。

家を出るのが少しもたついた。コバカバでランチ。豚しゃぶのフキ味噌のせ。

関内へ。ドトールでコーヒーのラージサイズを買う。ARGコーポレートサイトの更新について打ち合わせ。作業をする予定が他の会議が立て込み、その余裕は無かった。オフィスは珍しくとても混んでいる。来客も多い。

ゆつくり飲んだ、わざ/\新酒を買つて来て、そして酔つぱらつてしまつた、新酒一合銅貨九銭の追加が酔線を突破させたのである、酔中書いたのが前頁の通り、記念のために残しておかう、気持がよくないけれど(五日朝、記)。
アルコールのおかげでグツスリ寝ることが出来た、昨夜の分までとりかへした、ナム アルコール ボーサー。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

クロスオーBarへ。生ビール2杯、日本酒2合。新タマネギ、新生姜肉巻き、太刀魚の刺身、切り昆布、ハマグリみたいな貝、ほうとう、いしり風味。眠くなって二次会には行かずに解散。コンビニで炭酸とカップヌードルを買って帰る。ひとつだけ売れ残っていたトマトクリーム味は、あまり好みでなかった。Kindleで漫画を読んで寝る。

〔日記〕市ヶ谷の桜

f:id:mia-nohara:20170404085031j:plain

  • ふるさと遠い
  • 雨の音がする
  • 山頭火

いそいそとiPad Proの設定。ジロウが珍しく早起きだったので、洗濯物を干してもらって一緒にBaan Hua Donへ昼飯に行く。御成スタバでコーヒー。iPad Proでの電子書籍の読み心地を確かめる。

ホテルニューカマクラの桜の下で電話。春うららか。良い気が湧き上がっているのを感じている。

湯に入つて、髯を剃つて、そして公園へ登つた(亀岡城阯)、サクラはまだ蕾だが人間は満開だ、そこでもこゝでも酒盛だ、三味が鳴つて盃が飛ぶ、お辨当のないのは私だけだ。
昨日も今日もノン アルコール デー、さびしいではありませんか、お察し申します。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

コンタクトレンズを買いに行ったが入荷待ちだった。レンズを2枚おまけしてもらって、市ヶ谷へ。ちょっと贅沢をして湘南新宿ライングリーン車に乗る。シートにぽかぽかと当たる日差し。同じ車両には、有給休暇を取ったお父さんと、春休み中の小学生の息子たちが乗っていた。

「おとうさん、グリーン車って高いの?」
「高いんだよ。でも席を予約できるわけじゃないから、混んでるとグリーン券買っても座れないこともあるよ」
「えー、それサイアクじゃん!」
「おれも何度かそういうことあってさ……」

f:id:mia-nohara:20170404085042j:plain

新宿で中央線に乗り換える。やわらかな春の空気が堀端を染めている。市ヶ谷に着くと満開の桜。スタバでハイビスカスティーを飲む。iPad Proに集中し過ぎたせいか、ぼんやりとしている。ただ桜を眺める。

打ち合わせ。最中に雷鳴、突然の嵐。引き上げる頃には雨は上がった。宇都宮線に落雷したらしく、東京駅は混乱している。京浜東北線で関内へ。部長と香菜さんと合流して、ウニをたらふくいただく。日本酒三杯、えいひれ、酒盗チーズ、サーロイン、刺身盛り合わせ、イカの姿刺し、ほや酢、白エビ。

〔日記〕髪をピンク色に染める

少し胃がもたれている。日によっては3合は多いのかもしれない。

掃除、洗濯。クロネコヤマトへ電話。三ヶ月ぶりに、福西くんの美容室、cureへ。緑に染めた髪が色落ちして、すっかり金髪になってしまったので、春らしくピンクに染めてもらう。iPad Proを買ったことを自慢する。

HOUSE YUIGAHAMAでドライカレー。昨日に引き続きブックカフェだ。

f:id:mia-nohara:20170403082048j:plain

April fool! 昨日はさうだつたが今日もさうらしい、恐らくは明日も――マコト ソラゴト コキマゼテ、人生の団子をこしらへるのか!

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

家に戻って掃除をする。炬燵がけも洗う。iPad Proのキーボードが届く。いそいそとセッティングをしていたらすっかり夜になった。

少し仕事。ヒグラシへ。日本酒3合(一合は奢ってもらった)、秋刀魚スモーク、島豆腐。

「学生さんだよね?」と言われる。学生の頃はよく三十代に間違えられたが、三十路を過ぎてみると今度は学生に間違えられる

〔日記〕早稲田大学へ

f:id:mia-nohara:20170401155043j:plain

  • 巡査が威張る
  • 春風が吹く
  • 山頭火

生活を一新せよ、いや、生活気分を一新せよ。
朝、大きな蚤がとんできた、逃げてしまつた、もう虱のシーズンが去つて蚤のシーズンですね。
朝起きてすぐお水(お初水?)をくむ、ありがたしともありがたし。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

新年度。Facebook四月バカの投稿をする。新年度の働き方について考える。

久しぶりに早稲田へ。図書館で借りた本は分厚く重いが、面白い。地下鉄の中で、著者が初めてサイババに会った日のことを読む。

サイ・ババの奇蹟―インドの聖者の超常現象の科学的研究 (超心理学叢書)

サイ・ババの奇蹟―インドの聖者の超常現象の科学的研究 (超心理学叢書)

早稲田に着いてCat's Cradleへ。学生時代に通い詰めた店は健在。とても嬉しい。

f:id:mia-nohara:20170401130711j:plain

早稲田大学戸山キャンパスへ。懐かしい教室で学芸員講座の説明会を受ける。そのまま卒業証明書を取りに事務室へ。戸山キャンパスの校舎は迷路のようにすべて繋がっている。懐かしい抜け道を辿る。しかし、33号館を通り抜けるときに違和感を感じた。外に出て見上げて見ると、通称・国連ビルはすっかり新しい建物に建て替わっていた。

f:id:mia-nohara:20170401151720j:plain

31号館も内装が大変きれいになった。しかも照明が人感センサーで自動点灯する。悪いことはしていない(はず)なのに緊張する。

f:id:mia-nohara:20170401150440j:plain

あゆみBOOKSを物色する。深夜までやっているこの本屋が学生時代とてもありがたかった。眠れぬ夜に求める哲学書など。

八幡宮にご挨拶。しだれ桜がちょうど見頃だ。新・国連ビルと一緒に写真を撮った。

大手町へ出て丸善で買い物。iPadを使った仕事術のムックを買う。帰りの電車ではぐっすりと眠った。もう少し仕事をする必要があり、若宮オフィスへ。

釈迦へ。若宮オフィスは立ち飲み屋まで徒歩2分なのが嬉しい。日本酒2杯、新タマネギとタンのマリネ、ペンネ。ヒグラシに移って常温一合、焼き鯖。

〔日記〕三人展とiPad Pro

f:id:mia-nohara:20170331170855j:plain

  • 春寒い
  • 島から島へ
  • 渡される
  • 山頭火

李さんに成果品を託し、今日は休みとする。10時過ぎまで寝ていた。遅く起きたジロウとちょうどタイミングがあったので、一緒に銀行へ行く。

カジェヘロがいつのまにか閉店していた。オクシモロンでエスニックそぼろカリーを食べる。ジロウは大辛、おれは激激辛。ギャラリーヨコに「三人展」を見に行く。ジロウはたまたま昨日立ち寄って、ツボに入ったらしい。

三人展  | Facebook三人展 | Facebook

御成のスタバでコーヒーを飲みながら考え事をする。出たばかりのiPad Proを見に行くことに決める。横浜のヨドバシカメラで触ってみて、即決。年度末を乗り切った自分へ贈ることにする。包みを抱えていそいそと帰る。地下通路の書店で「巨災対」のトートバッグを見つける。嬉しい。

私は今日まで、ほんたうに愛したことがない、随つてほんたうに憎んだこともない、いひかへれば、まだほんたうに生活したことがないのだ。
私は子供を好かない、子供に対しては何よりも『うるさい』と感じる、自分の子すら可愛がることの出来ない私が、他人の子を嫌つたところで無理はなからう。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

若宮オフィスでiPad Proの設定をする。ついでにiPhoneのバックアップもしておく。ヒグラシで常温二合、刺身三点盛り、煮豚。釈迦で一合、ペンネ。着物の話と手相の話で盛り上がる。

帰り道、酔っ払ってワインと、カップヌードルカレー味の小さいのをコンビニで買ったが、帰ってみるとどちらにも食指が動かず。炭酸水を呑みながら、iPadKindleアプリで見る漫画は読みやすいなあ、と思いつつ寝る。

〔日記〕会社のこと

f:id:mia-nohara:20170330195507j:plain

夜中にジロウがハイテンションで帰ってくる。朝は起きられず二度寝。昨日買った本の続きを読む。新年度からの働き方のことを考える。

風呂掃除、洗濯。コバカバで昼飯。日替わりは鶏のマヨネーズコチジャン焼き定食。駅前のスタバでコーヒーを買って関内へ。

須賀川の成果品をひたすら印刷する。ものすごい束になった。もう一つの成果品は、冊子にするために入稿。オンデマンド印刷を初めて申し込んでみたが、思ったより簡単でほっとする。

今晩は飲みすぎた、地球が急速度で回転した、私自身も急速度で回転した、一切が笑つた、踊つた、歌つた、そして消滅してしまつた!(此貨幣換算価値五十五銭)

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

部長とクロスオーバーへ。会社のことなぞ、長々と話す。日本酒三合、部長の好物のえいひれ、新生姜の肉巻き焼き、黒むつ煮、アンチョビとオリーブのピザ、鯨ベーコン。

〔日記〕さくらさく

f:id:mia-nohara:20170329204830j:plain

  • さくらが咲いて
  • 旅人である
  • 山頭火

朝起きたら何やら眩暈がする。まあ、昨夜呑み過ぎただけなのだが。
二度寝。年度末の大きな仕事のまとめ。Baan Hua Donで昼飯。御成のスタバで仕事の続き。

鎌倉市図書館からメールが来る。予約していた本が届いたようだ。受け取るついでに、久しぶりに好きな作家の小説をまとめて借りる。カウンターで応対してくれたかつての同僚は、今度深沢図書館へ異動となるそうだ。知る顔が少しずつ減っていく。

そのまま書店へ。買おうと思っていた本は見つからなかったが、その代わりに「これは」と思った本を買って帰る。税込み1,500円だった。消費税をつけても切りの良い数字となるのはなにやら嬉しい。

若宮オフィスへ。しかし草臥れきっていて仕事をすすめる余裕がない。買った本を読み始める。

悪女の深情といふ語句があるが私には関係ない、私には悪酒の深酔だ。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

仕事は諦めて呑みに出る。ヒグラシは中原さんの当番のようだ。きっと混んでいて食べるものが少ないだろうと、釈迦へ。日本酒一合、鯨刺身、B級ソーセージ。iPhoneのコードを貸したお礼に、二合も奢ってもらった。来る人来る人がみな、「ヒグラシはすごい混んでる」と言う。立ち寄らずに帰ることにする。

帰り道、桜が開花している。桜にまつわる流行歌をくちずさみながら帰る。

〔日記〕珍しいね

休みにしようと思っていたが、年度末の案件立て込みのために仕事をすることにする。早朝起きて洗濯、掃除、メールの処理。ジロウが起きて来たので一緒に出かける。コバカバで昼飯。月替わり定食は鶏そぼろ丼。ジロウは日替わりのコロッケ定食。

御成スタバに移って仕事の続き。急に雲行きがあやしくなってきて、ぱらぱらと雨が中庭のプールに降り注ぐ。向かいの席の、神奈川弁で話す母と娘の会話を聞くでもなく聞いている。

パソコンの電源が落ちたので若宮オフィスへ移動。少しずつ知り合いが増えてきてうれしい。

f:id:mia-nohara:20170328162248j:plain

大船で先に呑んでいたジロウと合流。あさつきで日本酒1杯半、寒鰤、シコ鰯。ヒグラシで常温一合、茹で鶏とヤゲンの唐揚げ。釈迦で日本酒一合、ジャーマンポテト。ジロウと飲み歩いていると最近は「珍しいね」と言われる。

今日は少しばかり飲んだ、昨日一日だけ飲まなかつたのが、一ヶ年間禁酒してゐたやうに感じた(いつぞや三日ばかり禁酒してゐた時はそんなに感じなかつたのに)、ほんたうに、酒好きの酒飲みは助からない、救はれない。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

久しぶりによく酔っ払う。東急とやまかで買い物をして帰る。

〔日記〕朝食

f:id:mia-nohara:20170327124637j:plain

  • よろこびの
  • 旗をふる
  • 背なの
  • 児もふる
  • 山頭火

メールの山を処理する。ようやく受信ボックスが空となる。雨。部屋に洗濯物を干す。

腹の中がわだかまっている感じ。出張が続くと食べ過ぎる。普段朝食なぞ食べないのに、ホテルに泊まると必ず朝食付きにするからだ。11時に朝食のような昼食のようなものをがっつりと食べるのが常だが、旅先ではその時間に食事を採れることはまれである。腹が空くと気が短くなる。腹を空かせないように朝食を取るが、満腹が続くと今度は頭や体の動きがぼんやりとしてくる。

オクシモロンでエスニックそぼろカリーの激激辛と、ストロングコーヒー。関内へ出社する。横浜公園は早くも桜が咲いていた。あれは何桜というのだろう。

死! 冷たいものがスーツと身体を貫いた、寂しいやうな、恐ろしいやうな、何ともいへない冷たいものだ。
今日はさすがの私も飲まなかつた(飲んだのはアルコールでなくて水ばかりだつた)、飲みたくもなく、また飲めもしなかつた。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

李さんと作業の要点確認。少し中身を進めて一気に確認メールを送る。オフィスは底冷えしている。早く帰ろうかと思ったが、鳥伊勢のヤゲンが食べたかったので19時まで踏ん張る。

升酒三杯、ヤゲン二本、手羽先一本、ネギ間一本、空豆、ポテト。サービスでオレンジ。
「ねえさん、すっかり馴染みになったねえ」と言われる。先日までホールを回していた若い彼は、今日は焼き場の見習いをしていた。

〔日記〕御成オフィス

五時半にすかんと起きて溜まっていた仕事をこなす。雨。洗濯物を部屋の中に干す。
コバカバへ。日替わり定食は塩豚。スタンプカードを新しくしてもらった。御成のスタバに移って、またしばし仕事。

f:id:mia-nohara:20170326145547j:plain

今日は旅する仕事場「御成オフィス」の見学会。そのまましばらく仕事する。窓からはサンクと、旧オナリカフェが見える。居合わせたみなさんにご挨拶。ひょんなつながりを発見した。

一日真面目に仕事をしていたら、早くも飽きてきた。18時、見学会終了とともに早仕舞いとする。

一風呂浴びて、一杯ひつかけて、そして一服やるのは何ともいへない、まさに現世極楽だ、極楽は東西南北、湯坪にあり、酒樽にあり、煙管にありだ!

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

ヒグラシ文庫へ。雨で寒いのにとても混んでいる。常温三合、サーモンカルパッチョ、自家製カラスミ、お揚げの味噌チーズ焼き。帰ってカップヌードルカレー味をすすりながら、『ダブルファンタジー』の続きを読む。

〔日記〕披露宴

f:id:mia-nohara:20170311165540j:plain

  • ヒヨコ孵るより
  • 売られてしまつた
  • 山頭火

さすがに疲労困憊である。予約してあったワークショップをキャンセルする。布団の中でごろごろしながら、火急のメールだけ返信を書く。村山由佳の『ダブルファンタジー』を久しぶりに読み返す。ふつふつと書きたくなる。まずは短編からだろうか。

今日も行乞しなければならない、食べなければならないから、飲まなければならないから、死なないから。……
同宿の活辯の失業人と話しこんでゐるうちにもう十一時近くなつてしまつた、急いで支度をして出かける、行乞相はよかつた、所得もよかつた、三時過ぎ戻つた。
例の塩風呂に浸つてから例の酒店で一杯やる、この店は安い、一合でも二合でも喜んで燗をしてくれる、下物は刺身五銭、天ぷらももマヽ五銭、ぬた弐銭、湯豆腐弐銭、私のやうなノンベイでも三グワン握つて行くと、即身成仏が出来る、ギヤアテイ、ギヤアテイ、ボーヂ、ソワカ、などゝ親しい友に書いてやつた。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

夕方に起きて太陽堂で特製醤油ラーメン。御成のスタバで21時まで仕事。ヒグラシ文庫へ。クボジュンとりおちゃんの披露宴の三次会の様相。日本酒常温一杯、大根の醤油漬け。釈迦に移って日本酒一合と半熟ピータン、鰹の刺身。

〔日記〕銀世界

f:id:mia-nohara:20170324101656j:plain

  • 水が濁つて
  • 旅人をさびしうする
  • 山頭火

f:id:mia-nohara:20170324054009j:plain

起きたら銀世界だった。再び銀河鉄道で、滝沢市へ向かう。滝沢市はつい最近まで、日本で一番人口の多い「村」だった。人口は約5万人。2014年に滝沢村から市へと変わった。そこにできたばかりの、ビッグルーフ滝沢を視察する。

f:id:mia-nohara:20170324144105j:plain

f:id:mia-nohara:20170324144225j:plain

林檎の木箱をモチーフにした家具。春休みの子どもたちが、あちこちで集まって宿題をやっていた。

九時から三時まで市街行乞、行乞相はわるくなかつたが所得はよくなかつた。
此宿もうるさい、早く平戸から五島へわたらうと思ふ、それにしても旅はさみしいな、行乞もつらいね。
塩湯にゆつくり浸つてから二三杯かたむける、ありがたい。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

タクシーで盛岡へ出て、新幹線で帰る。東京駅の五右衞門でウニとイクラのパスタ、白ワイン一杯。帰宅したら『夜廻り猫』の2巻が届いていた。嬉しい。赤ワインとスルメ、ゴルゴンゾーラベビーチーズ

〔日記〕秋田へ

  • コツとなつてかへつたか
  • サクラさく
  • 山頭火

チェックアウトをしたら鎌田さんにばったり会った。
紫波を後にして、盛岡へ戻る。駅にはSL銀河が停まっていた。銀河鉄道花輪線に乗り換える。こちらは名前こそ銀河鉄道だが、車両はごく普通のディーゼル車だ。

須賀川市のみなさんと合流。ここから秋田県鹿角市まではおよそ2時間。姫神山を横目に、深い山奥を駆け昇っていく。なるほど、過ぎゆく景色はまさしく銀河まで続いていきそうな、雪深い銀世界だ。

佐世保の道路は悪い、どろ/\してゐる(雨後は)、まるで泥海だ、これも港町の一要素かも知れない。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

鹿角花輪駅に到着。ホルモンをたっぷりのキャベツとともにジンギスカン鍋でいただく。みんなですっかりホルモン臭くなりながら、文化の杜交流館「コモッセ」を視察。

一度ホテルに荷物を置いて、「美ふじ」へ。日本酒によく合いそうな肴が並ぶ。きりたんぽ鍋は女将による実演つきだ。にこやかに料理を運ぶおねえさんたちは、はにかむように笑う秋田美人ばかりだった。

二次会は10人全員でバーへ。広い店をたった一人のマスターが回している。しかし素晴らしい手際の良さ。ホットバタードラムをいただいた。

〔日記〕イーハトーブ

今日は盛岡へ。昨日の酒が残っていて、ぼーっとしている。東京駅の新幹線ホームで李さんとすれ違ったが、声を掛けられるまで全く気がつかなかった。新幹線は広々としていて快適。いつも降りる新白河や郡山をすっ飛ばして、あっという間に仙台へ。盛岡はそこからすぐ。改札を出てデッキを歩くと、左手に雄大な岩手山が見えた。思わず歓声を上げる。

岩手県立図書館へ菊池さんに会に行く。マリオスの展望台へ連れて行ってもらった。

駅に戻り、さわや書店フェザン店で黄色いPOPを眺める。在来線で紫波中央駅へ。オガールについて、コーヒーを飲んで少し仕事。紫波町図書館を見学し、職員のみなさんの勉強会に飛び入り参加。

たしかに春だ、花曇だと感じた。
行乞相がよくない、よくない筈だ、身心がよくないのだ。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

鎌田さんに初めてお会いする。おお、猪谷さんの本に出てきた人だ、と思う。

町の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト

町の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト

しこたま呑んで、熱く語った(気がする)。「日本一、飲み屋と近い図書館」と紫波のみなさんが自慢していた。うらやましいことである。