醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕熱唱しているらしい

酔っ払ったジロウが帰って来る。最近は私の真似をして、帰り道に大声で熱唱しているらしい(あぶないフーフだ)。

〔日記〕横浜美術館30周年記念「meet the collection ――アートと人と、美術館」に行く

浮世絵や日本画に描かれた妖艶な表情に引き込まれる。ゲストアーティストの束芋による《あいたいせいじょせい》という映像インスタレーションがそれを引き立てる。アニメーションには人間なんて登場していないのに(内蔵は脈打ってるけど)、おどろおどろし…

〔日記〕インターネットの調子がいいうちに

インターネットの調子がいいうちに、ミラーレス一眼で撮った写真をnoteにアップする。最近、カバー写真として使ってくれる方が多くてうれしい。

〔日記〕永久のラビリンスのように

渋谷駅は何度来ても工事する場所が変わっている。永久のラビリンスのように。今日は、礒一明×The Rock Girlのパワーストーンヒーラー養成講座説明会に行くのだ。

〔日記〕怒りにまかせて買い物を堪能する

生理が近いせいか、大変気が立っている。私の大事な本棚の前に、ジロウのギターやらアンプやらが床置きされているのが気にくわない。起きて来たジロウに八つ当たりしつつ、早々に家を出る

〔日記〕銀座 篝で「まぜそば」にグラスビール。

銀座篝へ行く。初めて「まぜそば」を頼む。今日は昼から飲んでいいことにして、200円のグラスビールをつける。汁なしの「まぜそば」は、ビールには合うがフォトジェニックではないな……

〔日記〕無性にモナカアイスを食べたくなる

「酔っ払って帰るとつい変なものをコンビニで買ってしまう」という話で盛り上がったせいか、無性にモナカアイスを食べたくなって、やっぱり買ってしまう。頬張りながら『海獣の子供』を読み返す。

〔日記〕「光の画家」ChieArtさんと秋山佳胤先生によるコラボトークイベントに参加する

ChieArtさんは、ほんとに観音菩薩が生身で降りてきて話されているようだった。秋山先生は、茶目っ気たっぷりの気の良い悪魔だ。

〔日記〕ずっと思っていたけど書けなかったことを書く

嫌なことを言われても大概はニコニコ笑ってうけながしていた(アルコールが入っているときは別だけど)。でもそれって、自分に対してとても失礼なことだったと思う。怒るときは怒れ。怒りをその場で表現する練習をしよう。

〔日記〕行こうとすると閉館時間になってしまう

鎌倉歴史文化交流館へ行く。いつも行こうとすると閉館時間になってしまうのだ(16時閉館で日曜祝日休館って、どゆこと!?)

〔日記〕なんで寿司食べたいってわかったの?

やたら炭水化物を摂取したい気持ち。帰りがけにも寿司を買ってしまった(ウニの話題で盛り上がったので、つい)。帰るとちょっと体調の良くなったらしいジロウが「なんで寿司食べたいってわかったの?」と不思議そうな顔をしていた。

〔日記〕「温かいつけ麺」が始まったようだ

昼は静雨庵でネギラーメン。ケガはよくなったのだろうか? 元気にいつもどおり営業していた。夏限定の「温かいつけ麺」が始まったようだ。

〔日記〕脱皮をする感覚に近い

天袋で場所をとっていた、着なくなった服を一気に処分することにする。学生時代に買ったショッキングピンクのダウン、司書時代に粋がって履いてた、当時流行した花柄のパンツ、東北の出張になんども着ていったもふもふのカーキのオーバー。どれもみんな役目…

〔日記〕塩味をあまり感じない

昼はJ.S. STEAK STANDでラフカットステーキ、ブラウンのソース、つけあわせはトマトとグリーン。今日は塩味をあまり感じなくて、ピンクソルトをふる。疲れているのだろうか?

〔日記〕「ジーパンジロウ」と呼ばれていた

アフリカンダンスのクラスへ行く。今日は六合。リズムはフラファレの二回目。今日はベテランの人ばっかり。どうにかそれらしくついていく。 ジャージを忘れてきたジロウは「ジーパンジロウ」と呼ばれていた。

〔日記〕電波が足りなくなるのだろうか?

御成のスターバックスへ。UQ WiMAXがつながりづらい。土日は特にそうだ。鎌倉に人が増えると電波が足りなくなるのだろうか?

〔日記〕スケッチブックを引っ張り出す

唐突に閃いて、しばらく使っていなかったスケッチブックを引っ張り出す。無印良品で買ったいろんな色のサインペンも。 グラレコするのにiPadも使っていたけれど、やっぱり紙とペンのほうが気持ちいい。脳みそが喜ぶ感じ。

〔日記〕過敏反応してしまう

御成のスターバックスでアメブロの記事を書き始める。この頃、カフェでもあまり集中できない。嗅覚と第六感? が冴えすぎていて、周りの人の臭いだとか、気配だとかに過敏反応してしまうのだ。

〔日記〕あらゆる窓を全開にして

鞄がすごく重くなったのでひとまず帰宅。埃が溜まっていたので、ありとあらゆる窓を全開にして掃除する。アメブロを書こうと思ったけれどうまくまとまらない。

〔日記〕唐突に鳩がとまる

源氏池で亀をかまって遊んでいたら、唐突にジロウの肩に鳩がとまる。食べ物も持っていないし、ただ突っ立っていただけなんだけど。お参りはしないで池の蓮だけ見ていこうと思っていたのだけど、「ちゃんと顔出して行け」という眷属からのお告げ?

〔日記〕ぐったりとしている

すごくぐったりとしている。体が重い。買い物をしてさっさと切り上げることにする。ヤゲン軟骨4本、塩皮1本、砂肝1本、枝豆、炭酸水、紙パックの日本酒。明るいうちから晩酌。漫画を読みまくる。

今月のピックアップ!〔令和元年皐月号〕

醒メテ猶ヲ彷徨フ海(さめて・なお・さまよう・うみ)は、野原海明(小説家/ライブラリー・ジャーナリスト)によるWeb文芸誌です。

〔日記〕神輿とすれ違う

鎌人(かまんど)市場をぐるっと散策する。年々出店者が多くなる、元気なイベントだ。飲食店は早い時間から続々売り切れになっていた。 葛原岡神社の例大祭にも重なっている。歩いていたら、ちょうど出迎えられたように神輿とすれ違う。

〔日記〕「あの娘がくれたブルース」を唄いながら帰る

ヒグラシ文庫へ。4人組でやってきたおじさんたちが、狭いテーブルに案内されたと憤慨してすぐに出て行った。狭い立ち飲み屋に4人で来るのがそもそもよろしくない。

〔日記〕さすらい姉妹の芝居「陸奥の運玉義留」を観に上野水上音楽堂へ行く

上野水上音楽堂へ。さすらい姉妹の「陸奥(みちのく)の運玉義留(うんたまぎるー)」を観に行くのだ。作・演出は翠羅臼。

〔日記〕一日5回くらい?

「ダンナさんに『愛してる』って言われたことあります?」と聞かれる。 「そりゃー、ありますよ。一日5回くらい? まあ、ほかの女史にも言ってるかもしれないけどー」

〔日記〕ちょっとほろりとする

思いがけない人から「あの場所にいてよく頑張った」とねぎらわれる。「ねー、そう思うでしょー?」とちゃかしながら、ちょっとほろりとする。

〔日記〕徹底的に休みにする

今日は徹底的に休みにすることに決める。徹底的に休むには、昼からアルコールを流し込んで、机に向かえない状態にしてしまうのに限る(そうしないとつい仕事し続けようとしてしまう)。

〔日記〕原稿を書くのは、休むのと同義

休みにするつもりだったけれど、結局細々パソコンに向かっていた。原稿を書くのは、休みと同義なのかもしれない。

〔日記〕隣り合わせになってしまっているのが難点

大和まで足をのばして大和市文化創造拠点シリウスへ。キャパオーバーの大盛況だ。最も静かな「調べて学ぶ図書館」フロアと、中高生がぎゃあぎゃあと勉強するフリーな「仲間と集い遊ぶ生涯学習センター」のフロアが、上下階で隣り合わせになってしまっている…