醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕ちょうどいい季節

新白河駅経由で須賀川に向かう。新幹線の中でハラスイクラ弁当。暑くもなく寒くもなく、ちょうどよい季節になった。

〔日記〕傘が咲く

西瓜柄の傘をさしてオフィスへ向かう。交差点に鎌女の女子高生の傘が咲く。

〔日記〕ほっかむり

ジロウが起きてきて、一緒に散歩に出掛ける。稲村ヶ崎の海岸でトンビに警戒しながらビールと焼き鳥。その後、134号線沿いに腰越方面に向かって歩く。小動(こゆるぎ)神社に参拝。狛犬がほっかむりをしている。

〔日記〕明治大学和泉図書館へ行く

板橋区のみなさんと明治大学和泉図書館へ視察に行く。自分自身は訪れるのは三度目となる。今日も学生はよくくつろいでいる。勉強のための利用ではなくても、まずは図書館という環境に親しませるという点において、この大学図書館はとても優れていると思う。…

〔日記〕コンビニ

ARG全体会で朝から関内のオフィスへ。9時から19時までみっちり会議。日曜の関内は、やっている店が少ない。海老らーめんが込んでいたので、あきらめてコンビニで冷やしらーめんを買う。

〔日記〕こもる

久しぶりに対面の会議のない日。移動せず、ひたすら家にこもって溜まっていた仕事を進める。昼頃、Skype会議。

〔日記〕大和市文化創造拠点シリウスを見学する

午後、江ノ電に乗って大和市へ向かう。神奈川県資料室研究会(神資研)による、「大和市文化創造拠点シリウス」の見学会だ。

〔日記〕ボローニャ

午前中は家で仕事。午後から再び板橋区へ。今日の会議場所は「いたばしボローニャ子ども絵本館」。

〔日記〕オフィス

朝からオフィスへ。ゲラのチェック、もろもろ雑用。オフィスだと仕事がはかどらないというのが問題だ。

〔アート〕金属造形作家 征矢剛(そや たけし)作品展@柴田悦子画廊を見に行く

柴田悦子画廊へ、気になっていた征矢剛さんの作品展を見に行く。征矢さんは金属造形作家。鉄で昆虫をつくる方だ。昆虫と楽器が一体化したそれは、なんと本格的なスピーカーやアンプになっているのだ。

〔日記〕大手町駅と東京駅

都営三田線の大手町駅から東京駅までが遠い。地上に出て乗り換えてみる。梅雨の中休みに、東京駅の赤レンガが良く映える。

〔日記〕麦わら帽子

今日も休みにしてもらった。くたりくたりとして過ごす。「かかん」で麻婆豆腐定食、生マッコリ。「さかゑ」でヘンプの帽子を買う。麦わら帽子ばかり大量に集まった。

〔日記〕西武新宿線

午後から東村山へ。西武新宿線の乗り換えがとても懐かしい。

〔書評〕脳を操るコツを取り入れるだけで「すぐやる」人になれる! ~菅原洋平『すぐやる!「行動力」を高める“科学的な”方法』

すぐやれる人になるには、自己管理能力を高めて「意思力」を強化しなくちゃいけないのだと思っていた。でも、根性論だけ説いてみてもうまくいかない。本書のすごいところは、自分の脳を操るちょっとしたコツを取り入れれば、自然とすぐやる人になれるという…

〔日記〕新幹線

早起きしてカップうどんをすすりつつ、校正の反映。須賀川へ。新幹線のなかでもひたすら手直し。昼はイクラとハラミの駅弁。

〔日記〕〆切

原稿の〆切。朝から家にこもって、ひたすらただそれだけをやる。 12時間ぶっ続けで机に座っていて、19時頃ようやくそれらしいものができあがる。 よろよろと、呑みに出掛ける。首が大変凝っている。

〔日記〕わづかだ

中央図書館で予約していた本を受け取る。館長にばったりと会う。 和田塚から江ノ電に乗って稲村ガ崎へ。和田塚駅は、鎌倉駅まで「わづかだ」なんてつぶやく。

〔日記〕金色の光

突如、窓を濡らす雨。それも一瞬のことで、気づくと外が金色の光で溢れていた。

〔日記〕決意

昨夜、調子に乗って四合呑んだのがよくなかったか、起きると胃がむかむかとする。吐こうとしてもうまく吐けない。今日は大事な話をしなければいけないのに、こんなことで良いのだろうかと思いつつ、よろよろと出社する。

〔日記〕稲村ガ崎

6時少し前に起きる。洗濯ほかもろもろ済まして、仕事道具を持って家を出る。稲村ガ崎までのんびり散歩。

〔日記〕取材

まだすっきりとは起きられない。Skypeで朝会議。 都内で取材2本。昼はCoCo壱番屋。野菜スープカレーを5辛にしてもらう。取材の後、本郷三丁目でよさげな店を見つける。が、まだ陽が高いのでいずれの機会に。

〔日記〕夏が来た

ほうたるこい ほうたるこい ふるさとにきた 山頭火 朝方、すごい雨の音。やっぱりすっきりとは起きられない。朝風呂から上がるとすっかりいい天気になっていた。山の向こうに入道雲が浮かぶ。すっかり夏の空だ。起きて来たジロウはやたら元気で、新しい習慣…

〔日記〕アイロン

なかなかスッキリ起きられない。そういう体調のときなのだろうか。Skypeで朝会議の後、一汁一菜にならってスープをつくり、冷や飯にかけてかっこんだ。

〔日記〕一汁一菜

「一汁一菜」にはまっている。支出を絞り、体調を整える。リスクある挑戦をするために備えるために。 「一汁一菜、一汁一菜……」とつぶやいていたら、ジロウが「おくさんは今年、三十三才だよね?」と、きょとんとした。

〔日記〕ザックとお茶をする

朝から関内のオフィスで打ち合わせ。溜まっていたメールの処理。 天富園でランチ。四川麻婆豆腐定食の激辛。 オフィスに戻ってSkype会議。一段落したので鎌倉に戻る。帰りの電車で爆睡する。

「図書館総合展2017 フォーラム in武蔵野」に行って来ました。(後半)

図書館総合展2017 フォーラム in武蔵野の第3部「年間190万人を集める武蔵野プレイスの設計と実践」のまとめです。登壇者は、武蔵野プレイス立ち上げに携わった前田洋一氏(武蔵野生涯学習振興事業団 理事長)と、野末俊比古先生(青山学院大学教育人間科学部…

「図書館総合展2017 フォーラム in武蔵野」に行って来ました。(前半)

年に数回開催される図書館総合展の地域フォーラム。2017年の第2回は、東京都武蔵野市で開催された。武蔵野で図書館と言えば、やはり「武蔵野プレイス」だろう。3部からなるフォーラムの大トリ「年間190万人を集める武蔵野プレイスの設計と実践」は、武蔵野プ…

〔日記〕ウルトラマンの目線の高さ

6階の「ウルトラフロア」という展望台に昇ってみた。ウルトラマンの目線と同じ高さなのだそうだ。 須賀川市はウルトラマンの生みの親、円谷英二監督の故郷である。

〔日記〕ひょっこり

母の命日に、母ではなくジロウの父親が夢枕に立ったらしい。生前は会うことのなかったおれの母とジロウの父だが、きっとあの世で良い呑み友達になっているに違いない。

〔日記〕彷徨い出る

あんまり早起きはできなかった。それでも6時半には起きる。 小腹が空いて雑炊をつくる。 なかなかグッと、仕事に入り込めない。気持ちがふわふわと、どこかに彷徨い出るような。

〔日記〕おひつをめぐる冒険

お休み。『宝石の国』7巻が発売されたので、Kindleですぐ買ってワインをちびちびやりながら読む。

〔日記〕栄区でなにか

早起きして、冷蔵庫の中を大いに掃除する。土井善晴の『一汁一菜でよいという提案』に感化されて買い出しに行く。

〔書評〕瞑想が苦手な人にもできるマインドフルネス ~ ジャン・チョーズン・ベイズ『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』

マインドフルネスと聞くと、思い浮かぶのは「瞑想」だ。けれど、瞑想だけがマインドフルネスではないという点にポイントを絞っているのが本書の特徴なのだ。

〔日記〕豆腐三昧

ひさしぶりに会議も出張も無い仕事の日。とても健やかである。 日の出とともに起きて、10分間だけ二度寝。この二度寝が大変心地よい。 シャワーを浴びて、どんどん洗濯をする。掃除もする。じっくりとブログを書いて、溜まっていた仕事をこなす。

神奈川県資料室研究会(神資研)の理事を今年度も務めます。

神奈川県資料室研究会は、略称を「神資研(しんしけん)」と言います(ひらがなで書くと可愛いです)。1961年に設立された京浜地区資料室運営研究会を母体とし、1963年に発足しました。企業や大学、公共機関等の資料室、図書館、情報部門が会員となっていま…

〔日記〕ハワイの天気

休養日。九時前に床に就いたのに、昼過ぎまでこんこんと眠った。体がだるく、バキバキに凝っている。布団の上をごろごろとして背中をほぐす。

〔日記〕2回来る

昨夜の乗り過ごすというご乱行のせいで、起きてもまだ酔っ払っている。 久しぶりに満員の通勤電車で学芸大学駅へ。商店街が元気な街だ。 打ち合わせをサクッと終えて鎌倉へ戻る。iphone がSIMカードを感知しなくなってしまったので、SoftBankショップで見て…

〔日記〕行き過ぎて衣笠

朝早くに家を出て全体会。議題が盛りだくさんである。 昼は勝治の青唐痛辛麺激辛。 議題が多すぎて会議はなかなか終わらない。開始してからおよそ10時間後、議題はまだ残っていたが諦めてみなで呑みに出掛ける。

〔日記〕乾燥レモン

昨夜は床についたのが1時過ぎだった。無理せず、7時まで寝る。 9時から朝のSkype会議。その後すぐに家を出て都内へ。

〔日記〕ニューヨークの公共空間に学ぶ

関内へ。唐家村でランチ。黒酢豚定食。オフィスに戻って打ち合わせ、イベントの準備。「公共空間のイノベーション~ニューヨークの変化に学ぶ横浜の可能性~」と題して、ニューヨークの公共空間を視察に行って来た横浜市会の議員のみなさんにお話していただ…

〔日記〕熊本のcobyさん

熊本から来たという、ミュージシャンのcobyさんと話をする。この後、ラムでライブなのだそうだ。明日の由比ガ浜のプチロックにも出演するのだという。

〔日記〕まがいもの

別れて 橋を渡る 山頭火 午前中、関内でめいっぱい打ち合わせ。午後からは鎌倉に戻って作業をすることにする。 関内で、美味しいものが食べたいときによく寄っていた店に立ち寄る。最近経営者が代わったそうだ。フランチャイズなのか、メニューなどはほとん…

〔日記〕夢のよう

6時少し前に起きて身支度。今日は須賀川へ向かう。家で支度をしているときは胃が重いくらいだったが、横須賀線に乗り込んで仕事を始めようとしたら気持ち悪くなる。目を閉じて足を組み、おとなしくしている。

続・『われわれの館』閉鎖後、図書館司書の求人はどこで探せばいいのか

「われわれの館」とは、図書館で働く人の求人情報を掲載し続けていたサイトだ。おそらく図書館関係者であれば誰でも知っている。管理人は非営利で、なんと個人で運営をしていたそうだ。サイトが開かれたのは2000年7月。以降2013年10月まで、13年以上にわたり…

〔日記〕智頭町へ

朝早く家を出て智頭へ向かう。 品川から新幹線で岡山へ、そこからスーパーいなばで山を分け入っていく。新緑が美しい。 山深いが、群馬の山よりは穏やかな感じ。

〔日記〕Yahoo!の「LODGE」へ行く

明日からの出張のための切符を買う。難しい乗り換えだったようで、発行に時間がかかる。 打ち合わせのため、都内へ。ガストで昼食。マグロ丼定食。少し物足りない。

〔日記〕サボり

ゴールデンウィークの最終日。今日は皆休むのだという。やらなければならない仕事があって気が重いが、昨日は一日中会議だったので消耗しきった感がある。みんなが休みというのであれば、乗り気がしない。いつものように日の出とともに起きるが、床を上げる…

〔小説〕BUSSHO

その人たちはいつも静かで、白っぽい服を着ていた。思いやりに満ちている。それは美術館を拠点にしたコミュニティーで、そこに加わっている人は小さな子どもを連れた若い親たちが多かった。暗い美術館の中庭で、これから合唱を始めるかのように並び、それぞ…

〔日記〕鶴岡八幡宮、菖蒲祭。

観光客であふれる鎌倉の中、ときおり赤い紐の付いた木刀みたいな棒を持ったお年寄りとすれ違う。みな八幡さまのほうから歩いてくるようだ。鶴岡八幡宮に行ったら買えるのだろうか。今日は何かの催事だろうか。羨ましくて購いたくなる。オフィスを通り越して…

〔日記〕化粧の濃い匂い

早起きして家事その他。トイレに「墨の香り」という消臭剤を置いてみた。白檀が混ざっているらしい。化粧の濃いおばさまのような匂いが漂ってくる……