読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕 旅の終わりと、岩牡蠣

八月三日 風、雨、しみじみ話す、のびのびと飲む、ゆうゆうと読む(六年ぶりたづねきた伯母の家、妹の家だ!)。 *1 旅の多い日々が続いている。ちょうど、「旅する暮らし」というエッセイを書くために、山頭火や西行の本を幾つか図書館から借りていていた。…

〔日記〕 鬱になる体質

がらになく真面目に仕事をし過ぎたようで、草臥れた身体と精神に、風邪とプチ鬱が同時にやってきた。「メール見るのやだよー、仕事なんてしたくないよー、やんなっちゃったよー、もう生きていたくなぁい、死んじゃいたぁい」と酔っ払ってぐちぐち言っていた…

十月某日

図書館で勤務後、自宅で少し仕事をする。ジロウ(ダンナ)が呑みに行きたくてうずうずしているので、一緒に出掛けることにする。酒場で出逢った二人は、やたらアルコール消費量の多いフーフである。「あさつき」で日本酒、いさきの刺身。ブリの刺身はおまけ…

本当にやりたいことは、余暇に後回しにしちゃいけない。

「海明ちゃん、最近は何の仕事してるんだっけ?」 と訊かれると、どう答えたらいいか悩む。 「うーん、四足くらいワラジ履いてる」 「えっ? どんな」 「えーと、とりあえず図書館はまだ続けてるよ。大学図書館から公共図書館に移ったけど」 「それから?」 …

非正規にはできない仕事をする為、正社員になる...のではなく、新しい働き方を始める。

どうやら日本の企業というのは、大学を卒業した直後でないと「新卒」として雇ってくれないらしい、バイト経験しかなくても、ひとたび大学を卒業してしまえば「中途採用」扱いになってしまうらしい......ということを知ったのは、大学三年になってからだった…

他人の日記を読むよろこび。

他人の日記を読むのは面白い。人の日常を覗き見している後ろめたさみたいなものが少しと、ちいさく笑っちゃうようなくすぐったさがある。放浪記(初出)作者: 林芙美子発売日: 2012/10/04メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る林芙美子の放浪記は、…

〔日記〕 関内へ

世間は祝日最終日。混み出す前に、鎌倉を離れる。 駅のパン屋でサンドイッチを買い、ホームで缶コーヒーを買う。まだ空いている車内で、旅気分の朝食。ARGのオフィスへ。はじめての月例会議。おれはなんだかとんちんかんなことを言ったような気がする。 この…

ヒグラシ文庫開店三周年記念対談「ヒグラシ文庫が歩き出した時」に行ってきました。

鎌倉の立ち呑み屋ヒグラシ文庫が、この四月二十日に三周年を迎えた。記念対談の「ヒグラシ文庫が歩き出した時」におじゃました。登壇者は画家の牧野伊三夫さん、作家の大竹聡さん。司会に編集者の鈴木るみ子さんと、ヒグラシ文庫店主の中原蒼二さん。ヒグラ…

OFUNA Live Party 2013

ひさびさ休みがとれたジロウとOFUNA Live Party へ。大船駅から徒歩十分以内のお店十六店舗が参加する、大船街中ひっくるめたライブイベントだ。二〇〇〇円(前売り一五〇〇円)で各店舗出入り自由(各店舗一オーダー必須)。十七時から夜半過ぎまであちらこちら…

十年に一度の台風二十六号

台風二十六号が通り過ぎていった。三浦半島では虹が見られたらしい。facebookに虹の写真が次々に並ぶ。一昨日は調子に乗って呑み過ぎて(ヒグラシ文庫で日本酒二合半、レモンサワー。デポで泡盛、赤ワイン。ランデブーでも赤ワイン)、起きたら二日酔いで頭…

電車のドアが開いてホームに人がどっと流れ出るとき、これは何かに似ていると思う。 そうだ、ゲートが開いた途端に雪崩みたいに一斉に飛び出してくる、羊の群。 何かに追い立てられるように。終わりのないレース。 飼い慣らされた、従順な勤め人たち。めまい…

誕生会

図書館総合展に行くつもりだったが、書かずにはいられなくなって書斎を整理してとにかく書く。 いい有給休暇。 お昼にお腹が空いてふくやへ行こうとするも、きょうは臨時休業だったことを思い出す。コバカバもお休みだし、ちょっと足を伸ばしてオクシモロン…

タンドリーチキン

仕事でぼろぼろに疲れきる。 よれよれしながら帰って、一息入れてからテールベルトへ。 今日はバラッツのタンドリーチキン・パーティー。 タンドリーチキンって、「タンドール」で料理するからタンドリーと言うのだと教えてもらう。 バラッツ作のタンドール…

台風みたいな嵐。 昼頃目覚めて風呂に入り、カップ麺の蕎麦と、青林檎を食べる。 炬燵が気持ちよくてまた眠ってしまう。 すごい雨なので、昼までも薄暗い。 暴風雨の音が昼寝に心地よい。 本を読んだり、昼寝をしたりしているうちに日が暮れる。お腹が空いた…

スーマーライブ

ものすごく気の抜けることがあって、呑まずにはいられない。 いや、いつも呑んでいるのだけれど。 ヒグラシ文庫。日本酒二合、ボラのカルパッチョ、烏賊の塩辛。 男性9人がカウンターにずらっと並んでいて、「海明ちゃん、ちょうど1割だね」と言われる。 う…

ダーリン須藤

鎌倉駅で友人と待ち合わせて呑みに行く。まずはヒグラシ文庫。 ビール、日本酒。塩ドーフ、いかのわた和え、鴨のスモーク、海辺のカフカ風サラダ。今日は名古屋からダーリン須藤が一時帰鎌。 ブルールームへ移動してダーリンのライブを聴く。 さすが鎌倉時間…

小町を大町でジャック

書きたいのに書く時間がとれなくて悶々としている。 あまりにも悶々としているので、管理職でチームを回していることをあやうく忘れかける。 油断すると、イレギュラーなことに対するとっさの判断力が鈍る。少しばかり気合いをいれる。「天職と適職を持て」…

moqmoqさんのライブ

勤務後、オナリカフェへ寄ってチッタLIVEの予約をする。焼酎お湯割り、カレー。 一度帰宅。掃除と洗濯をするつもりが、洗濯ものをいれて畳んで、洗濯機をまわしたところで力尽きてソファーに伸びる。ラムへ。 今日のLIVEはmoqmoqさん。 鎌倉時間だから、開始…

かまどく@ゲストハウス耳日

昨夜の残りの赤ワインを一杯だけひっかけて、ブラックペッパー入りカマンベールチーズをつまんで、耳日へ向かう。 今日のかまくら読書会のテーマは「旅」。耳日の広い和室でみんな好きなものを呑んだり食べたりしながら、一押しの本を紹介する。 マーリーに…

ONE PIECE

昨夜のコンビニで、ワンピースの最新刊が発売されているのを発見。今日はマンガに浸ることにする。 ONE PIECE 68 (ジャンプコミックス)作者: 尾田栄一郎出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/11/02メディア: コミック購入: 6人 クリック: 196回この商品を含…

真昼の月 夜の太陽

小川コータのおっかけで、勤務上がりに新大久保へ。久しぶりの東京。 乗り換えの品川で、ホームを駈け上がるサラリーマンのスピードに呆気にとられてしまう。みんな同じような黒い背広を着て、あっという間にコンコースへ消えていった。 二年前はおれもこの…

ステイタス

夜学に通って社会人学生に囲まれていたおれは、「社会人」に憧れていた。 学生だったおれにとって「社会」は少し遠い仮想の世界だった。 社会人たるもの、週に5日、日に8時間くらい働くもの、とどこかで思っていたのだろう。大学を出たおれは非正規雇用なが…

寝る

昼過ぎまで寝ている。 今日は一日のんびりすることにする。 タマネギパスタと赤ワイン。 ごろごろ昼寝。 湯豆腐に葱をたっぷりかけて。昆布もいれて、ポン酢でいただく。たむらの生姜の味噌漬け。パックの日本酒を徳利に移し替えて燗をつける。 借りて来た「…

ミーティング

BUREにて、ミーティングとご挨拶。 なんと、野原海明のライブをすることが決まりました。詳細は後日...。黒ビール、大根おろしと辛子明太子、鯵の揚げたの、ラム酒のロックを2杯。

ブレバル

11月になったら急に寒くなったのだ。長ズボンを買いにユニクロへ行く。 いつも裾上げをするときに短くし過ぎて失敗するので、今回は長めにしてもらう。 細身のコーデュロイの焦げ茶色のが売り切れていて残念。よくわからないド派手な色のズボンばかりが売れ…

ハロウィン@コバカバ→ヤドカリバル@山本餃子

昨年は指をくわえて羨ましくみていたコバカバのハロウィンに初参加。 クオリティが高過ぎ! 喜んではしゃぎまわるちびっこたち。 ゆっこさんのおいしい料理を食べる。黒ビール、赤ワイン。今日は鎌倉じゅうでハロウィンをしている。 ヤドカリバル@山本餃子…

ハロウィン@オナリカフェ→満月キャラバン

オナリカフェへ仮装をしていく。 道の真ん中で猫耳をつけて、扉を開けようとしたらだーれもいない。びっくり?かと思っておそるおそるはいったら、誰も来ないので淋しそうにしていた小悪魔(もとい、しまちゃん)がキッチンの奥に隠れていらした。 鎌倉には…

校正

校正の手伝いをする。 昔ちょいとばかり編集の仕事をしていたとき校正をしていたけれど、この地味でちまちました作業が案外好き。ヒグラシ文庫へ。刺身、日本酒。 山本餃子へ。焼き餃子、蒸し鶏、紹興酒。 鎌倉美学へ。パスタのパエリア、アンデスのビール。

九つ井、陶里

ぷらぷら歩いて駅前まで戻る。バスに乗って九つ井*1の陶郷へ。 ここでは友人がガラス職人をしていて、「クラフト祭り」の季節になるといつもお知らせしてくれる。毎年ちょっとずつ変わっていく彼女の作品を見るのが好きだ。いちばん最初の年に彼女がつくった…

大船フラワーセンター

休日だけれどちょっと早起き。 大船のスターバックスで珈琲とサンドイッチ。フラワーセンターへ。 小雨しょぼふる肌寒い生憎の陽気。 会場で迷子になっていたら、とまそんに遭遇。鎌人市場のステージまで案内してもらう。芝生の上でガミさんが歌っている。最…

恥と表現は、ときとしてよく似ている。~ 木下惠介監督「カルメン故郷に帰る」

雨が降ったりやんだりしている。 秋の、細かい霧にも似た雨がとても好きだ。時雨、というのか。 高原にいるような気分になるから。 そぼ降る雨のなか、コバカバへ。 木下恵介生誕100周年記念イベント「NEW DISCOVER KEISUKE KINOSHITA」*1の3夜目。このイベ…

ライブ...?

昨夜はいささか飲み過ぎ。体内洗浄してからよろよろと職場へ向かう。体内洗浄の効果か、吐き気は止まったが喉が胃液でやけている。金曜日の大学は静かだ。退勤後、海鳴でリハビリのように小瓶のビール、柚子味の絡めそば。 スターバックスでチャイラテ(シロ…

ふつう

ヒグラシ文庫でレモンサワー。知人と待ち合わせをして、とのやまへ連れて行く。 瓶ビール、八海山、白波の水割り、生ビール。 やきとりと酒盗チーズ。仕事が終わって、駅のトイレで髪をほどき、真っ赤な口紅をぬるとおれは「野原海明」に戻る。瞳に力が満ち…

お買い物

勤めのあと、ショッピングモールへ。ぶらぶらと買い物をする。 ヒグラシ文庫で日本酒、秋刀魚の炊き込みご飯、イナダの刺身。 ブルールームで水牛マルゲリータとハンドポンプの黒ビール。

佐藤初女さんの「おむすび」

目覚めると痛みはなくなって、ほっとする。 にんじんとじゃがいものバター炒めを軽くお腹に入れる。ミネ君&カヨちゃん邸へ。 「佐藤初女さんのおむすび」のむすび方を学ぶホームイベント。一戸建ての借家は参加者20人が入っても広々。 本日の先生はユカさん…

室伏鴻 KRYPT

昼過ぎまでごろごろしている。 ふくやへ。日本酒二合と、もってのほか(食用菊)とあおやぎの和え物、ししとうの塩昆布炒め、つったい肉そば。 帰ってきて洗濯、掃除、執筆。夕方、ヒグラシ文庫主催の室伏さんの舞踏を観に行く。 会場で席案内役の順ちゃんに「…

あら煮

書きたい題材が決まって、でもなかなか書く時間を持てないことへの苛立ち。 勤務後、ヒグラシ文庫へ。明日のイベントのリハーサルのため、今日のカウンターはニシさんの代打。 日本酒三合、鯵の刺身、あおやぎのぬた。 刺身を頼んだら、三枚おろしにした真ん…

立て直し

睡くて睡くて、身体が火照って、ちっとも仕事が進まない。 普段は昼休みの学食でダダダダダッと文章をキーボードで打ち込むのだけれど、睡すぎて茫然としてしまう。 今日は読みたい漫画を買って、さささっと帰ってのんびりすることにする。駅の書店に立ち寄…

秋の服

風邪ひきの多い大学。喉のイガイガが移ったような。 身体が怠くて、朦朧としている。呑みのお誘いがあるも、詳細連絡来ず。 とりあえず駅ビルをぶらぶらする。 昨年まで履いていた秋色のジーンズは膝がぬけたので捨ててしまった。寒くなる季節に着る服を調達…

ブック、オフ。

もう読まないであろう本を束にして抱えて出勤。とても重い。でもまだ二分の一。 パルス回路前後の分類に悩みすぎて睡くなる。 学食でぼんやりとする。重い包みを抱えてブックオフへ。 空いていてあっというまに会計が終わる。 しめて390円也。駅ビルで買い物…

夕焼け

仕事帰り、空が恐ろしいくらい燃えている。ヒグラシ文庫へ。日本酒、鯵のたたき、マッシュポテト。 山本餃子へ。焼き餃子と瓶ビール。 いつもより酒量が少ないのに酔っぱらっている。 帰ってから芋焼酎お湯割り、鶏もも肉とゴボウの蒸し焼き。

海沿いのなんかイイやつ

寝ても寝ても睡くて仕方ない。 昼過ぎに起きて、あわてて出かける準備をする。逗子スターバックでホットコーヒーときのこのフィローネ。 駅からバスに乗って葉山へ。 「海沿いのなんかイイやつ*1」ライブへ行く。 赤ワイン、ハートランドビール。 おなじみ小…

第二回かまどく

へろへろで、夕方まで寝ている。 起き出してシャワーを浴びて、紅茶を淹れる。第二回かまくら読書会(通称かまどく)へ出かける。 読書会、という響きは感慨深い。大学3年の頃、そんなサークルのようなものをたちあげた(結局忙しさにかまけてしまいリタイア…

迷い

寝不足。 連日4時間睡眠というのはおれには無理みたいだ。 一日中視界が白く霞んでいる。 すべての用事を投げ捨てて、ピンポンの二巻を買って帰る。ピンポン 2 (小学館文庫 まC 3)作者: 松本大洋出版社/メーカー: 小学館発売日: 2012/07/14メディア: 文庫 ク…

浮島バル

秋めいてきたけれど暑がりなので、着る服がだんだんわからなくなってきた。とりあえず、半袖の上にジャケットを羽織る。夜の街を半袖で歩いているのはおれだけか…。寝不足のくせにいつもの1.5倍のペースで仕事を片づけて、久々肉体労働も担当してみたら、な…

踊る

健康診断の結果が返ってくる。 やや二日酔い気味で行ったのに、好調だった。作業中の分野の本が洋書ばかりで目がちかちかしてくる。信号処理、情報理論、画像処理…。ヒグラシ文庫へ。日本酒二合、塩辛。 今宵はやけに歳の差ご夫婦の多い日だ。 ふくやへ。ビ…

隠居

ひさしぶりに背広を着て仕事へ行く。 ざくざくと仕事をこなす。 今週はいそがしい。来週以降の予定が頭に入ってこないので、とりあえず金曜まではコツコツ進むことにする。気分転換のヒグラシ文庫で日本酒二合。 最近の夕暮れのヒグラシは平均年齢が高い。 …

使徒のルイルイ

昼過ぎまでごろごろとしている。 布団が気持ちいい秋の風。 そーめんちゃんぷるー、紅茶。 日が傾くのが早くなった。西御門サローネへ、イワサキタクジ氏の個展「見上げる夜空に 使徒のルイルイ」を見に行く。 鎌倉に棲んで三年になるけれど、西御門まで足を…

寝違え

目覚めると熱はひいている。 快調で出勤する。が、首がとても痛い。 どうやら寝違えたようだ。カウンターに座って、上を向くことが出来ずになにやら上目遣いのようになってしまう。帰って昨日のスープを呑もうと思っていたが、にわかに日本酒の気分になって…

朝から喉がいがらっぽく、胃が重い。 いつもはブレンド珈琲を頼む喫茶店で、朝食代わりにロイヤルミルクティー。職場に着いた頃から腹痛と軽い吐き気。 頭痛。気圧のせいか、と思って天気図を眺める。 やけに下半身の関節が痛くなって、身体が重怠い。どうや…