醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

日記

〔日記〕ほっかむり

ジロウが起きてきて、一緒に散歩に出掛ける。稲村ヶ崎の海岸でトンビに警戒しながらビールと焼き鳥。その後、134号線沿いに腰越方面に向かって歩く。小動(こゆるぎ)神社に参拝。狛犬がほっかむりをしている。

〔日記〕明治大学和泉図書館へ行く

板橋区のみなさんと明治大学和泉図書館へ視察に行く。自分自身は訪れるのは三度目となる。今日も学生はよくくつろいでいる。勉強のための利用ではなくても、まずは図書館という環境に親しませるという点において、この大学図書館はとても優れていると思う。…

〔日記〕コンビニ

ARG全体会で朝から関内のオフィスへ。9時から19時までみっちり会議。日曜の関内は、やっている店が少ない。海老らーめんが込んでいたので、あきらめてコンビニで冷やしらーめんを買う。

〔日記〕こもる

久しぶりに対面の会議のない日。移動せず、ひたすら家にこもって溜まっていた仕事を進める。昼頃、Skype会議。

〔日記〕大和市文化創造拠点シリウスを見学する

午後、江ノ電に乗って大和市へ向かう。神奈川県資料室研究会(神資研)による、「大和市文化創造拠点シリウス」の見学会だ。

〔日記〕ボローニャ

午前中は家で仕事。午後から再び板橋区へ。今日の会議場所は「いたばしボローニャ子ども絵本館」。

〔日記〕オフィス

朝からオフィスへ。ゲラのチェック、もろもろ雑用。オフィスだと仕事がはかどらないというのが問題だ。

〔日記〕大手町駅と東京駅

都営三田線の大手町駅から東京駅までが遠い。地上に出て乗り換えてみる。梅雨の中休みに、東京駅の赤レンガが良く映える。

〔日記〕麦わら帽子

今日も休みにしてもらった。くたりくたりとして過ごす。「かかん」で麻婆豆腐定食、生マッコリ。「さかゑ」でヘンプの帽子を買う。麦わら帽子ばかり大量に集まった。

〔日記〕西武新宿線

午後から東村山へ。西武新宿線の乗り換えがとても懐かしい。

〔日記〕新幹線

早起きしてカップうどんをすすりつつ、校正の反映。須賀川へ。新幹線のなかでもひたすら手直し。昼はイクラとハラミの駅弁。

〔日記〕〆切

原稿の〆切。朝から家にこもって、ひたすらただそれだけをやる。 12時間ぶっ続けで机に座っていて、19時頃ようやくそれらしいものができあがる。 よろよろと、呑みに出掛ける。首が大変凝っている。

〔日記〕わづかだ

中央図書館で予約していた本を受け取る。館長にばったりと会う。 和田塚から江ノ電に乗って稲村ガ崎へ。和田塚駅は、鎌倉駅まで「わづかだ」なんてつぶやく。

〔日記〕金色の光

突如、窓を濡らす雨。それも一瞬のことで、気づくと外が金色の光で溢れていた。

〔日記〕決意

昨夜、調子に乗って四合呑んだのがよくなかったか、起きると胃がむかむかとする。吐こうとしてもうまく吐けない。今日は大事な話をしなければいけないのに、こんなことで良いのだろうかと思いつつ、よろよろと出社する。

〔日記〕稲村ガ崎

6時少し前に起きる。洗濯ほかもろもろ済まして、仕事道具を持って家を出る。稲村ガ崎までのんびり散歩。

〔日記〕取材

まだすっきりとは起きられない。Skypeで朝会議。 都内で取材2本。昼はCoCo壱番屋。野菜スープカレーを5辛にしてもらう。取材の後、本郷三丁目でよさげな店を見つける。が、まだ陽が高いのでいずれの機会に。

〔日記〕夏が来た

朝方、すごい雨の音。やっぱりすっきりとは起きられない。朝風呂から上がるとすっかりいい天気になっていた。山の向こうに入道雲が浮かぶ。すっかり夏の空だ。起きて来たジロウはやたら元気で、新しい習慣を始めるのだと、なにやら手帳に書き込んでいる。

〔日記〕アイロン

なかなかスッキリ起きられない。そういう体調のときなのだろうか。Skypeで朝会議の後、一汁一菜にならってスープをつくり、冷や飯にかけてかっこんだ。

〔日記〕一汁一菜

「一汁一菜」にはまっている。支出を絞り、体調を整える。リスクある挑戦をするために備えるために。 「一汁一菜、一汁一菜……」とつぶやいていたら、ジロウが「おくさんは今年、三十三才だよね?」と、きょとんとした。

〔日記〕ザックとお茶をする

朝から関内のオフィスで打ち合わせ。溜まっていたメールの処理。 天富園でランチ。四川麻婆豆腐定食の激辛。 オフィスに戻ってSkype会議。一段落したので鎌倉に戻る。帰りの電車で爆睡する。

〔日記〕ウルトラマンの目線の高さ

6階の「ウルトラフロア」という展望台に昇ってみた。ウルトラマンの目線と同じ高さなのだそうだ。 須賀川市はウルトラマンの生みの親、円谷英二監督の故郷である。

〔日記〕ひょっこり

母の命日に、母ではなくジロウの父親が夢枕に立ったらしい。生前は会うことのなかったおれの母とジロウの父だが、きっとあの世で良い呑み友達になっているに違いない。

〔日記〕彷徨い出る

あんまり早起きはできなかった。それでも6時半には起きる。 小腹が空いて雑炊をつくる。 なかなかグッと、仕事に入り込めない。気持ちがふわふわと、どこかに彷徨い出るような。

〔日記〕おひつをめぐる冒険

お休み。『宝石の国』7巻が発売されたので、Kindleですぐ買ってワインをちびちびやりながら読む。

〔日記〕栄区でなにか

早起きして、冷蔵庫の中を大いに掃除する。土井善晴の『一汁一菜でよいという提案』に感化されて買い出しに行く。

〔日記〕豆腐三昧

ひさしぶりに会議も出張も無い仕事の日。とても健やかである。 日の出とともに起きて、10分間だけ二度寝。この二度寝が大変心地よい。 シャワーを浴びて、どんどん洗濯をする。掃除もする。じっくりとブログを書いて、溜まっていた仕事をこなす。

〔日記〕ハワイの天気

休養日。九時前に床に就いたのに、昼過ぎまでこんこんと眠った。体がだるく、バキバキに凝っている。布団の上をごろごろとして背中をほぐす。

〔日記〕2回来る

昨夜の乗り過ごすというご乱行のせいで、起きてもまだ酔っ払っている。 久しぶりに満員の通勤電車で学芸大学駅へ。商店街が元気な街だ。 打ち合わせをサクッと終えて鎌倉へ戻る。iphone がSIMカードを感知しなくなってしまったので、SoftBankショップで見て…

〔日記〕行き過ぎて衣笠

朝早くに家を出て全体会。議題が盛りだくさんである。 昼は勝治の青唐痛辛麺激辛。 議題が多すぎて会議はなかなか終わらない。開始してからおよそ10時間後、議題はまだ残っていたが諦めてみなで呑みに出掛ける。