醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

D:更新のお知らせ-note更新しました

(十五)夢の中にはもう一つの幻想がある〔note〕

パスカルズの前座で歌うことになって、横浜のサムズアップに初めてやってきた(おこがましくも、そんな夢を見た)。ズンさんのギターで歌うことになっている。遠方からやってきた前職のお客様も、「たまたま横浜で他のイベントがあるから」と申し込んでくれ…

(十四)夢の中にはもう一つの幻想がある〔note〕

三十代にして、もう一度中学に入る決意をした。今日は卒業式である。教壇に立つのは藤本さきこで、Tが書いた花(アネモネだろうか?)の絵を黒板にチョークで写し取っている。 見ればクラスメイトには、中学の同級生と高校の同級生が交ざっている。机をきれ…

(十三)夢の中にはもう一つの幻想がある〔note〕

高崎の実家に、主人と、主人の子どもたちと一緒に住んでいる。三人兄弟の末の女の子はまだ小さくて、小学生だ。長男は成人していて、私が呑みに行くのにいつも付き合ってくれる。十歳くらい年下の、血の繋がっていない青年を連れて歩くのは、なかなかいいも…

文章が書けるだけがライターじゃない。ライターの技能をタイプ別に分けてみた〔note〕

ライターのスキルは、「文章が書ける」ことだけじゃないのだ。ひとくくりにまとめられてしまうことも多いけれど、実はいろんなタイプがある。ライターによって、それぞれ得意分野は違うはずだ。たとえば、こんなふうに。

[漂流物集積所通信 第10号]誰かを批判するのでなく、批判される側になろう〔note〕

批判されるのって恐いから、なるべく嫌われないように、迷惑かけないように生きてしまうけれど、それって全然楽しくない。 好き勝手やって、迷惑かけまくって、批判される側になって生きようと思う。

[漂流物集積所通信 第9号]読んでもらうには、まずは見た目から…〔note〕

読んでもらうには、まずは読みやすくすることから。 自分のブログもカスタマイズしようと火がついたのだ。

[漂流物集積所通信 第8号]他者からの信用を得る前に、まずは自分を信用する〔note〕

まずは、「自分」を信用するところから始める。 他者からの信用を得る前に。 誰かの顔色をうかがう人生ではなく、「自分」を生きるのだ。

[漂流物集積所通信 第7号]がんばらないとできないことは、向いていない……e.t.c〔note〕

がんばるところを間違っては何の意味もない。 というか、がんばらないとできないことは、自分には向いていない。

[漂流物集積所通信 第6号]ざらざらとした質感のアート…e.t.c.〔note〕

版画、陶器……肌触りのざらざらとした質感に惹かれているのかもしれない。全文は下記からどうぞ。note.mu

[漂流物集積所通信 第5号]猫に罪はない〔note〕

世界には知らないうちに美しいものが生まれている。 それは、手を伸ばせば届くところにある。 note更新しました。

[漂流物集積所通信 第4号]タコやイカは宇宙からやってきた etc...〔note〕

遠い昔に夢みたいに思い描いていたことが、じわじわ現実になっていく。 タコやイカはやっぱり宇宙人かもしれないし、プリンターを持ち歩ける日が来るかもしれない。幻想と現実の境目も、いつの日にか消えていくんだと思う。 note更新しました。下記リンクか…

跋扈〔note〕

中学校において人気のある女子とは、明るくてスポーティーで、元気がよくてちょっといじわるでよく笑う、そういう女の子たちだ。そんなふうにはどうしたってなれない。

[漂流物集積所通信 第3号]何歳からだって何者にでもなれる etc...〔note〕

漂流物集積所通信の第3号をnoteにて配信しました。

[漂流物集積所通信 第2号]鎌倉の海岸にカツオノエボシ漂着 etc...〔note〕

漂流物集積所通信をnoteで公開しました。

(十二)夢の中にはもうひとつの幻想がある〔note〕

noteで小説を更新しました。

[漂流物集積所 第1号]あえて紙で読ませる無料小説販売機 ほか35点〔note〕

noteでメルマガ的なことを始めてみました。 毎週日曜更新(たぶん)です。

梨園〔note〕

以前、このブログに掲載していた小説をnoteへ移しました。写真は、FIND/47から探してきました。

(十一)夢の中にはもうひとつの幻想がある〔note〕

noteを更新しました。noteでは、小説をメインに掲載しています。 公開当初は無料、ぼちぼち有料にしていくかも。よろしくお願いいたします。note.mu