醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

恋愛はしんどい。 ~ 川上弘美 「夜の公園」

夜の公園

夜の公園

先日精神不安定の折に、こんな日は本でも買って読みふけろうと思い、生協の本屋へ立ち寄った。川上弘美さんの「神様」の文庫本を買って、世界がずれる感じに浸ろうと思っていた。しかし、文庫の棚へ行く前に足がとまる。新刊コーナーに平積みされた、川上さんの最新作。

「恋愛ってなんてしんどいんだ!」と思いながら書店に立ち寄った私には、この本に呼ばれたとしか思えなかった。普段は新刊本など買わないのだが、厚い表紙を抱えていそいそとレジへ向う。

書き方が以前とかなり違っていることに驚く。まるで江國香織さんの「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」を読んでいるような気分になる。

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

たくさんの登場人物の目線になって書かれていることや、いわゆる不倫というものが描かれているところがちょっと似ている。ただ、江國さんの書くものが、鋭く今にも切り傷ができそうな狂気であるとすれば、川上さんのものはもっと丸く穏やかで、しかしずぶずぶとはまりこんでしまいそうな狂気である。