読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

モンゴルの日々 ~ ビャンバスレン・ダバー監督 「天空の草原のナンサ」

映画

「天空の草原のナンサ」はモンゴルが舞台の物語だ。第二外国語にモンゴル語を選んでいる私としては、見逃すわけにはいかないのだ。

天空の草原のナンサ デラックス版 [DVD]

天空の草原のナンサ デラックス版 [DVD]

なんとかヒアリングができないかと耳を傾ける。情けないが、聞き取れたのは「サンバイツガノー(こんにちは)」と「ザー(さあ)」だけだった。もう一年以上モンゴル語の授業を受けているというのに。

ゲル(モンゴルの家)を組みたて、羊をさばく昔ながらの暮らしを垣間見られる一方で、お父さんが草原を馬ではなく、バイクに乗って走ったりする。それが今の遊牧民の姿なのだろうか。

家族全員が身に着けてるデール(モンゴル服)が風にはためいて美しい。子どもたちの髪飾りも。(驚いたことに、男の子もおさげをしてリボンをつけている。)

小さい身体で馬にまたがり、羊を追う手伝いをするナンサ。それを遠巻きに見守るお母さん。日本の母親だったら心配でつい手を出してしまうだろう。どっこい、子どもたちは案外たくましく生きている。