読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

井上靖 「額田女王」

額田女王 (新潮文庫)

額田女王 (新潮文庫)

井上靖さんの本はちゃんと読んでみたいと思い、「しろばんば」を以前借りてきたのですが、途中で挫折。どうやら下世話なコムスメには、色恋の話の方が読み易いようです。

男の人が書く女性には、少しの違和感を感じるもの。強く、冷たい印象すら感じられる井上版額田。やはり男性から見た女性像なのでしょう。霞の向こう側のように、遠く感じます。女性作家の手にかかれば、嫉妬に苦しむ熱い女になったのではないでしょうか。そんなどろどろした、女の厭な部分も盛り込んだ額田の話も読んでみたい、と思うのです。

井上氏の額田は、神の声を聞く巫女として描かれています。神の声を聞く女は、人間の声に耳を傾けることはできない。人間の声を聞こうとするなら、神の声を聞けなくなってしまうから。大海人皇子に抱かれても、中大兄皇子に奪われても、額田にはひとつだけ譲れないものがありました。

大海人皇子さまがお抱きになったように、どうぞ中大兄皇子さまもお抱きになるがいい。でも、大海人皇子さまに差し上げなかったものは、中大兄皇子さまにも差し上げられません。それは私の心です。神の声を聞くために生まれたわたくしが、どうして人間の声に耳を傾けていいでしょう。
 ―心はあげられない、心だけは。*1

けれどその決意は、揺らがざるを得ない。一人の男の前では。

今に伝わる、額田の有名な歌があります。

茜さす 紫野行き しめ野行き 野森は見ずや 君が袖振る 

教科書に載るほど有名なこの歌は、いまや天智天皇中大兄皇子)の妻となった額田王が、かつての夫・大海人皇子に送った愛の歌だと思っていました。引き裂かれた恋人同士の歌なのだと。しかし井上氏は、まったく違う解釈をこの歌に与えたのです。

この歌は誰に対して詠ったものでもなかった。曽ての中大兄皇子である天智天皇に呈するためのものであったのである。お聞かせしましょうか。こんなことがございましたのよ。茜の匂うような紫野を行き、しめ野を行きました。そしたらあの方が遠くで袖をお振りになりました。森番が見ていないかと心配でした。でも、こんなことを申し上げるわたくしの気持はお判りでございましょう。誰に判らなくても、あなただけにはお判りの筈でございます。*2

誤解を解く為の歌。ただ一人、愛する者に向けた。これでようやく納得がいきました。天智天皇の死後に、額田が詠った歌のせつなさ。いくつか伝わる彼女の歌の中で、私はこの歌が一番好きなのです。

君待つと わが恋ひをれば わが屋戸の すだれ動かし 秋の風吹く

*1:井上靖額田女王』 (新潮文庫 草63S) 新潮社 1973. 3 p.160

*2:同上 p.403