醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

無為賛美

やらなくてはいけないことが溜まってくると、パニックになります。そんなときは一度何もかも忘れて、リセット。現実逃避? たしかにそうかもしれないけれど、逃げたっていいじゃない。

逃げないことが、強さなんだと思っていた頃がありました。でも本当の強さというのは、ちょっと違うような気もしています。まだ、わからないのだけれど。

したたかに、しなやかに生きたい。

今日は久しぶりに恋人とゆっくりと時間を過ごしました。カーテンの向こう、雨の降る音を聴きながら無為にシーツに包まる時間。ちょうど今日は大学の卒業式で、窓の外の学生通りでは時々歓声があがります。きっと袴に身を包んだ友人達が、今日は外を歩いているのでしょう。


三十を過ぎて大学に入り直した恋人の、今日は卒業式。でもどこへも出掛けずに、一日中、二人で。こうして傍にいることは嬉しい。でも近くなれば近くなるほど、人の心はわからない。

予定の立て込む年度末。こんなときは手帳を見るのさえ嫌気がさす。土曜日曜と、今週末は「何もしない」をしようと決めていました。科目登録、小説の執筆、就職活動、公務員試験の勉強。やらなくちゃいけないことは山ほどある。今日まではとことん休んで、明日になったらまた走り出そう。