醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

逃避行

愛してるの。愛してるの。愛してるの。

なんど口に出しても嘘っぽく聴こえる。

愛してるって、なんだろう。


アルバイトが終わったとたん、日々がとてつもなく忙しくなった。

三年ぶりに会う友人と浅草で花見をする。

五年ぶりに会う友人と新宿で花見をする。

十年ぶりに会う友人と高崎で花見をする。


恋にかまけていた長い時間を思う。

恋人の為にいつでも予定は空白だった。

いつ掛かってくるかわからない電話。

今日は会えるか、明日は会えるか。

わからないから、いつでも待っていた。じっと、待っていた。

もう、待たないことに決める。ほんとうは待っているのだけれど、待たないふりをする。

どんどん手帳を埋めていく。会いたくて、会えずにいた友人に連絡をする。


それでも、結局流される。

明日の朝、恋人と旅に出る。行く先は、そうだね、きっと、遠く。