醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

中学時代を、もう一度

教育実習に母校の中学を選んだのは、辛かった中学時代の記憶を乗り越える為でもありました。

過去の出来事は変わらないけれど、せめて未来のこの場所から、あの頃の自分に光を当ててやりたい。

教員の立場で訪れた母校はあまりにも当時のままで、気を抜くと自意識過剰だった中学生の自分に戻ってしまいそうでした。

自分に自信を持つこと。自己嫌悪に逃げないこと。

繰り返し呪文のように唱え続けてきた言葉を、今度は私から手渡す番です。平成生まれの私の生徒たちにも、メッセージは届いたでしょうか。