醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

午後四時の恐怖

曇のち豪雨。

八時起き、ごみ捨て。洗濯物をぼちぼち取り込む。昨夜呑み過ぎたために気持ち悪し。

『若葉のころ』、『秋の舞姫』を読む。前に読んだときよりもすんなり頭に入ってくる。

日本はどこで行く道を間違えてしまったのだろう? 欧米に追いつけ追い越せとして、日本になくてはならないものを置いてきてしまったんじゃないだろうか。そして和服を自分では着られない日本人が増えていく。

スーパーで鶏肉の竜田揚げと黒胡椒のぽてちを買う。牛乳を飲む。ギターを弾いてみる。昼寝する。目が覚めたら、ちょっとパニックになりそうな気配。午後四時は恐怖だ。しかしうまい具合にヨリからメール、救われる。お風呂で『絶対内定』を読み返す。

絶対内定2008

絶対内定2008

学校社会ではうまくやってきた私だけれど、偏差値と社会で生き抜いていく力は全然違う。いい子を振舞って立ち回れる季節はもう終わったんだ。

花ざかりの君たちへ」を見る。来週は最終回二時間スペシャルだ。さきいかを食む。