醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

夏目漱石展

なんど見ても泣けてしまうんだ。

NHKみんなのうたで、二〇〇五年十二月から二〇〇六年一月に放映されていました。うたは遊佐未森さん。イラストはおーなり由子さん。

おーなり由子HP*Blanco
http://www10.plala.or.jp/Blanco/index.html

今日は午前中にレポートをちょっとやって、ヨリと両国駅で待ち合わせ。江戸東京博物館でやっている「文豪・夏目漱石」という特別展を見に行った。

平日の昼間だからか、お客さんの平均年齢がとても高い。たぶん私が最年少ではなかろうか。もっと学生も来ていると思ったのだけどなぁ。

人が多かったのでじっくりと見ることはできなかった。じっくり見ていたら引き込まれてしまうと思うので、かえってよかったかもしれない。

漱石の字の、なんと几帳面なことよ。なんという細さ、小ささ。

おみやげで売っている吾輩猫のバッグや、漱石の原稿用紙に似せた便箋や、どんな文庫でも「こゝろ」にしてしまうブックカバーなどなどに魅入ってしまう。でも買わない。特別展の本だけ買ってきた。

文豪・夏目漱石 そのこころとまなざし

文豪・夏目漱石 そのこころとまなざし

帰ってきてから、ヨリが亀戸で買ってきた今川焼きを食べる。今川焼きがなんとはなしに売っている町を羨ましく思う。