読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

拝啓、漱石先生

書評

レポートの資料代わりに拾い読みするつもりだったけれど、つい面白くて端から端まで読んでしまった。

文豪・夏目漱石 そのこころとまなざし

文豪・夏目漱石 そのこころとまなざし

とってもお茶目な漱石先生。ほんとうは建築家になろうとしてた。私も毎週木曜日に漱石山房に通いたかった。最近は漱石・千円札もすっかり見なくなって残念だ。

この本は江戸東京博物館の「文豪・夏目漱石」展のガイドブックを兼ねている。展示を見た後、おみやげ屋さんで買ったのだけれど、読んでから展示を見に行くべきだったと思う。

会場では「どうしてここで明治の地図が?」と、展示の意図がいまいちちかめなかった。混んでいて、順番どおりに見られなかったからかもしれないけれど。本のかたちでのんびり読んでいると、なるほどーと合点がいく。

もう一度見に行きたい!と思えども、もう展示は終わってしまったのだった。至極残念極まりない。