醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

超シンプルだからこそ、キングジム「pomera」

どこかに持ち運べるワープロはないか。と、ずっと思っていました。

ノートパソコンはどんどん進化して小さくなってきたけれど、やっぱりパソコンだから起動するまでに結構時間がかかる。膝の上に置くと熱いし。

理想は、昔懐かしいワープロ。スイッチひとつでパッと画面が開き、ただただ文章を書くことしかできないあのシンプルさ。

Re:S vol.1

Re:S vol.1

『Re:S』という雑誌にワープロの特集があって、激しく共感させられました。今だからこそのワープロ。けれど、文章を書くことしかできない機械なんて、もう古道具屋さんか専門店にしか売っていないだろう・・・・・・と思っていたら、

出ました。pomeraです。あの「テプラ」で有名な、キングジムが作っています。

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト

本当に、テキストファイルをつくることだけしかできません。表もできないし、メニューも極めてシンプル。だけれど畳んだときのサイズは文庫本より一回り小さい。そのくせキーボードは広げるとまるでノートパソコンのように打ちやすい。そう、おまえを待っていたのよ!

電気屋の店員さん談「文章しか書けませんが、ほんとーによろしいですか・・・・・・? テレビCMが放送されたあと結構大勢の方が見にいらっしゃったのですが、みなさん『本当にこれだけしかできないんですね・・・・・・』とがっかりされて、パンフレットだけお持ち帰りになって買いに戻ってはいらっしゃらないんです。「思ったより重い」とか、「画面が小さい」とかおっしゃっていた方もおりましたが・・・・・・」

何をおっしゃる、充分です。私にそれ、売ってください!


意気揚々と買って参りましたよ。さっそく通勤電車のなかでダカダカとキーボードをたたいています。microSDも使えるし、USBでパソコンにつなぐこともできるので使い勝手がとてもいいです。

起動もとても早いから、思いついたことをメモするのに最適です。アイデアってすぐ忘れちゃうから、手帳を開いてペンを持つことすらもどかしいときなんかに重宝です。手書きのメモだと後で読み返したとき、字が汚くて何が書いてあるのかよくわからないということがよくあるけれど(私の場合)、テキストデータならそんな心配いらないのだ。

買ってからはや二週間、すっかり電池を使いきるまでフル回転で働いてもらってます。すでに手放せない、メカというよりは素朴な文房具!