読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

イライラをほどこう。本田直之『ゆるい生き方』を読んで。

書評

東京駅の構内、せかせかと歩く自分。前の人が遅かったり、行く道をふさがれたりしていると思わずイラッとしてしまう。そんな自分に気づくとこれではいけないと思う。何をそんなに急いでいるのだろう? どこへそんなに急いで行きたいのだろう?

ゆるい生き方 ?ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜

ゆるい生き方 ?ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜

  • エレベーターの「閉」ボタンを押さない
  • エスカレーターで歩かない
  • 扉を開けたまま次の人を待つ

著者、本田直之さんの提唱には目から鱗だった。都内で生活していていつのまにか私は、「心にゆとりをもつこと」を忘れてしまっていたみたいだ。少しでも急がなきゃ、1分1秒でも。時は金なり。さあさあ道を空けろ。もたもたするな。イライラはつのるばかりだ。不機嫌な時間は増えるばかりだ。そうしてイライラして、5分やそこら時間を短縮できたところで何かいいことがあるのだろうか。

生産性と効率性をあげることばかりが人生じゃない。

さあ、ビーチサンダルに履き替えよう。意味もなく海を見に行こう。

最近よんだ本田直之さんの本

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

面倒くさいからこそ、先手を打つ。もっと面倒くさい事態にならないために。面倒臭がりでもいいんだ、と安心しました。なるのなら、究極の面倒臭がりになろう。