読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

秋の服

風邪ひきの多い大学。喉のイガイガが移ったような。

身体が怠くて、朦朧としている。

呑みのお誘いがあるも、詳細連絡来ず。

とりあえず駅ビルをぶらぶらする。

昨年まで履いていた秋色のジーンズは膝がぬけたので捨ててしまった。寒くなる季節に着る服を調達せねば。

だけれど買いたいと思う服もなく、ひとまわりして出てくる。まだ連絡は来ない。

待ちぼうけばかりだったかつての恋愛を思い出して暗くなる。待っているのに飽きたのなら、他の男とさっさと呑みに行ってしまえばいいのに、と純真だったおれに言ってやりたい。

連絡は来ないので、ラーメン屋に入って瓶ビールを呑む。

ヒグラシ文庫へ。日本酒二合、塩ドーフ、塩辛、レモンサワー。