読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

ふつう

日記

ヒグラシ文庫でレモンサワー。知人と待ち合わせをして、とのやまへ連れて行く。

瓶ビール、八海山、白波の水割り、生ビール。

やきとりと酒盗チーズ。

仕事が終わって、駅のトイレで髪をほどき、真っ赤な口紅をぬるとおれは「野原海明」に戻る。瞳に力が満ちるのがわかる。

もさもさの髪、眼光、真紅の口紅。オッサンのように酒を呑む。そうしているとおれは、あまり「ふつう」には見えないらしい。

中学生のころ、おれは「ふつう」であることに憧れた。それはとても遠いものに思えた。

人並みであること。飛び出しすぎず、落ちこぼれすぎないのが狭いコミュニティの中ではいちばん楽だ。

でも、「普通の人」なんて本当はいない。

みんなどこかしら凹凸を抱えて生きている。

だからおれは、小説を書く。