醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

台風みたいな嵐。

昼頃目覚めて風呂に入り、カップ麺の蕎麦と、青林檎を食べる。

炬燵が気持ちよくてまた眠ってしまう。

すごい雨なので、昼までも薄暗い。

暴風雨の音が昼寝に心地よい。

本を読んだり、昼寝をしたりしているうちに日が暮れる。

お腹が空いたので湯豆腐をする。椎茸、油揚げ、長ネギを投入。

日本酒をちびちびやりながら、ほかほかになる。

執筆。

今書いているものの内容が内容なので、外で書いていると自分の表情が心配になる。

けれど平日は、外でしか書く時間がとれないので、しばらく続きを書くのを躊躇っていた。

小説を書く「筋力」みたいなものは、一日でもさぼると格段に落ちる。

うんうん唸って、もがいたり落ち込んだりする。