醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔小説〕 着信 “それじゃ、つきあおっか”

「せんせいはカレシいるの?」

教育実習に出向いた先で、中学二年の女の子に訊かれた。

「秘密」

「えー、っていうことは、いるんだ!」

実習生はさ、そういうこと教えちゃいけないの」

「ふーん、めんどくさいね。……あのね、」

教室掃除用のほうきを握りしめて、彼女は言いよどむ。

「なあに」

「ワタシはいるよ、カレシ」

「そう、すごいね」

私が中二の頃は、男子と普通に話すことさえ出来なかったのになぁと、感心する。

「告白したの?」

机と、それに重ねた椅子を運びながら訊いてみる。

「告白っていうか……メールでそういうことになった」

「そういうこと?」

「お互いつき合ってるひといないし、いいかなって」

唖然としてしまう。

「そういうもんなの?」

「そうだよ。みんなそうだよー」

でもそうか、そうやって気軽に恋愛ゲームみたいなものをする時期も、必要なのかもね、と思ってみる。

「それで、彼のこと好きなの?」

「うーん……まだよくわかんない」

恋に落ちるより先に、彼氏をつくりたかったんだね。そこから恋が始まるのかもしれないけれど、でももったいないような気が私はしてしまう。 焦らなくてもいいじゃない。恋は、しようとしてするもんじゃないよ。そう云いたいけど黙っていた。もうすぐホームルームだ。

「付き合いましょう」で始まるのではない恋を、きっといつかは彼女もするんだろう。目があった、ただそれだけではじまってしまうような恋を。