読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕 河

日記

 九月一日
朝の汽車でいつしよに戻る、そして河へ飛びこんで泳いだ、かうでもしなければ、心身のおきどころがないのだ、午後また泳いだ、六根清浄、六根清浄。
二百十日、大震災記念日、昨日の今日だ、つゝましく生活しよう。
今日も夕立がきた、降れ降れ、流せ流せ、洗へ洗へ、すべてを浄化せよ。
  後悔の朝の水を泳ぎまはる


        種田山頭火「行乞記(四)昭和七年」*1

f:id:mia-nohara:20150901114732j:plain

河の水面は炭酸水のように雨を弾き返している。いっとき雨脚が強まり、机の上まで濡らした。

久しぶりに万年筆を手に取った。引っ越して以降、どこにしまったのかも忘れていた。そう言えば自分の手書きの文字を、契約書か封筒の宛名でしかしばらく見ていなかった。実に半年ぶりに、原稿用紙に並んだ我が筆跡を見る。

*1:『山頭火』(山頭火文庫 8)春陽堂書店、平成元年、p.154