読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕夜の小町の裏通り

日記

f:id:mia-nohara:20160513005113j:plain

  • きんぽうげ、
  • むかしの
  • 友とあるく
  • 山頭火

五月十一日 十二日 十三日 十四日 十五日
酒、酒、酒、酒、酒、……遊びすぎた、安易になりすぎた、友情に甘えすぎた、伊東君の生活を紊したのが、殊に奥さんを悲しませたのは悪かつた、無論、私自身の生活気分はメチヤクチヤとなつた。……

種田山頭火 行乞記 (二)

ゴールデン・ウィークが終わる。お店の人たちは少し、ほっとした顔をしている。稼ぎ時ではあるけれど、あれほど混雑が続いてしまっては身がもたない。

夜の小町通りを歩く人は少ない。故人を偲んで口笛を吹きつつ歩いていた呑み仲間も、すでに鬼籍に入ってしまった。いろんな人が通りすぎて、去っていった。

「なみだ恋」を真似て、「夜の小町の裏通り……」と呟きながら歩く。