醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕座禅をする人

f:id:mia-nohara:20170316202342j:plain

夢の中で、三遊亭の長谷川さんは宮古に棲んでいる。中古の平屋を買い取って、数年前に奥さんと二人で移住をしたそうだ。今日は皆が集まって料理をし、酒宴の準備をする。ジロウと同世代の友人たちは、すっかり六十代、七十代になっている。泊まったホテルは生の海の魚が見下ろせるのがウリだ。暗闇の海の中を、鯨のように大きな魚たちが蠢いている。ベランダは無く、ガラス戸を開けると真下は海。魚の群れに交ざって、虚ろな目をした頬白鮫が、宿泊客が足を踏み外して落ちてくるのを待ち構えている。夢の中で買った新しいApple Watchは、画面がやたら大きい。

雪が降つた、忘れ雪といふのださうな。
お彼岸が来た、何となく誰もがのんびりしてきた。

[種田山頭火 行乞記 (二)一九三一(昭和六)年]

床を上げられる程度には元気になった。ありがたい。部屋を片付けて、洗濯も済ます。書類の整理と、いくつか仕事のお願いをして出かける。中央図書館で調べ物。社会人席に少しドキドキしながら座る。子どもの頃、図書館に来ても座ってよい席が空いていなくて、いつもすいている社会人席を疎ましく思っていたことを思い出した。

オクシモロンでエスニックそぼろカリーの激激辛とストロングコーヒー。ナッツとスパイスと香菜がたっぷりのったカリーは、体調が優れないときの活力になる気がする。

旅する仕事場に移動して、大きめの仕事に取りかかる。この春にオープンする新しいオフィスの撮影会。座禅する人の役をする。仕事場のみんなと、抹茶色の座布団を一人ひとつ持って鎌倉を移動する様は微笑ましかった。

19時半まで仕事。鼻が詰まって口で息をしているので、集中するとしばらく息が止まった状態になる。潜水をしているように文章を書く。

釈迦で天狗舞を一合、メカブと納豆のネバネバ。ヒグラシで常温一合と、五目納豆。どちらも風邪に効く気がして。