読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕雪が舞う

f:id:mia-nohara:20170317191028j:plain

すっきりと目覚めた。鼻づまりでバキバキに凝った背中をジロウにほぐしてもらう。
須賀川へ。行きの新幹線で大きめの仕事をこなす。
「いげた」でうな丼定食をいただく。とにかくスタミナをつけなくては。空豆色の爪を女将さんに褒められた。須賀川の昼飯処は、なぜか必ず珈琲が食後についてくるのが嬉しい。

仮庁舎で打ち合わせ。その後、公民館で図書館分科会。会議は3時間半におよんだ。今年度最後の打ち合わせだ。打ち合わせの途中、窓の外を雪が舞い始めた。

 ざれうた
うれしのうれしやあつい湯のなかで
  またの逢瀬をまつわいな
わたしやうれしの湯の町そだち
  あついなさけぢやまけはせぬ
たぎる湯の中わたしの胸で
  主も菜ツ葉もとけてゆく
もつとも温泉は満喫したが、嬉野ガールはまだ鑑賞しない!

[種田山頭火 行乞記 (二)一九三一(昭和六)年]

東北本線の中でFacebookに載せる文章を書く。ある一人にだけ届けばよいメッセージだ。ちゃんと届いたようで、安心する。

いつもなら帰りの新幹線の中で仕事の続きをするところだが、19時をまわったので今日は打ち切りにした。鞄の中に突っ込んできた本をめくる。

腹が減ってきた。東京駅改札の中で気軽に食べられるのは、タイ料理とリゾットくらいしか思いつかない。少し冒険して、改札の外に出てみることにする。白ワイン2杯とウニとイクラのパスタにありついた。

コンビニで日本酒300ml瓶と、スルメのゲソと鮭とばを買って帰る。