読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕早稲田大学へ

f:id:mia-nohara:20170401155043j:plain

  • 巡査が威張る
  • 春風が吹く
  • 山頭火

生活を一新せよ、いや、生活気分を一新せよ。
朝、大きな蚤がとんできた、逃げてしまつた、もう虱のシーズンが去つて蚤のシーズンですね。
朝起きてすぐお水(お初水?)をくむ、ありがたしともありがたし。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

新年度。Facebook四月バカの投稿をする。新年度の働き方について考える。

久しぶりに早稲田へ。図書館で借りた本は分厚く重いが、面白い。地下鉄の中で、著者が初めてサイババに会った日のことを読む。

サイ・ババの奇蹟―インドの聖者の超常現象の科学的研究 (超心理学叢書)

サイ・ババの奇蹟―インドの聖者の超常現象の科学的研究 (超心理学叢書)

早稲田に着いてCat's Cradleへ。学生時代に通い詰めた店は健在。とても嬉しい。

f:id:mia-nohara:20170401130711j:plain

早稲田大学戸山キャンパスへ。懐かしい教室で学芸員講座の説明会を受ける。そのまま卒業証明書を取りに事務室へ。戸山キャンパスの校舎は迷路のようにすべて繋がっている。懐かしい抜け道を辿る。しかし、33号館を通り抜けるときに違和感を感じた。外に出て見上げて見ると、通称・国連ビルはすっかり新しい建物に建て替わっていた。

f:id:mia-nohara:20170401151720j:plain

31号館も内装が大変きれいになった。しかも照明が人感センサーで自動点灯する。悪いことはしていない(はず)なのに緊張する。

f:id:mia-nohara:20170401150440j:plain

あゆみBOOKSを物色する。深夜までやっているこの本屋が学生時代とてもありがたかった。眠れぬ夜に求める哲学書など。

八幡宮にご挨拶。しだれ桜がちょうど見頃だ。新・国連ビルと一緒に写真を撮った。

大手町へ出て丸善で買い物。iPadを使った仕事術のムックを買う。帰りの電車ではぐっすりと眠った。もう少し仕事をする必要があり、若宮オフィスへ。

釈迦へ。若宮オフィスは立ち飲み屋まで徒歩2分なのが嬉しい。日本酒2杯、新タマネギとタンのマリネ、ペンネ。ヒグラシに移って常温一合、焼き鯖。