醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕ぼのぼの

f:id:mia-nohara:20170408205229j:plain

  • 山から自転車で
  • さくら売つてきた
  • 山頭火

雨。川面がさざ波立っている。

実家に帰っている夢を見た。父に対してひどく腹を立てている。母は炬燵にあたり、気に留めずテレビを見ていた。もしこの母が死んだら、おれは実家に帰る意味があるのだろうか、と考えている。

ふと夢の中で気づく。母はもう何年も前に死んでいる。せめて夢の中だけでは実家に帰れるように、出てきてくれたのだろうと思う。今日は釈迦の生まれた日だ。

場面は変わり、死んだ母は姿を消す。地元の催しのレセプションに参加している。最近結婚して父親になったばかりの弟が、仲間と一緒に座についていて笑顔で手を振っている。少し話すと、「姉貴、言葉遣い乱暴になったね」としみじみと言われた。

此宿の不人気である理由が解つた、すべて世間師は生活に労マヽれてゐる、家庭的情味に餓えてゐる、彼等には宿が家である、そこには何よりもくつろぎとしたしみとがなければならない、いひかへれば at home な情緒が第一要件である、清潔とか何とかは第二第三の要件である、此宿のおかみさん抜目がなさすぎる、いたづらにきれい好きで、そしてふしんせつだ。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

関内へ。勝治で激辛青唐辛痛麺。オフィスで発送作業。これで、2016年度の納品祭は終わったはず。経理処理をして、本屋めぐり。『ぼのぼの』の最新号が出ていた。

ぼのぼの 42 (バンブーコミックス)

ぼのぼの 42 (バンブーコミックス)

そういえば18巻から先を読んでいない。電車を待つ間、Kindleで買って読み始める。

大きな仕事が収まって、一人で打ち上げをしたい気分だ。でも、まだ今日中にやらなければいけないことが細々とある。くじけそうな自分を慰めて御成スタバへ。19時半、終わらない仕事を諦めて呑みに行くことにする。

釈迦で天狗舞一ノ蔵。鰹の刺身はまるでさくらの花弁のようだった。スペアリブの煮込みもいただく。

f:id:mia-nohara:20170408194030j:plain

ヒグラシへ。有高さんの奥さんが手伝っていて驚く。常温一合と、ほうれん草のおひたし。今日はほうれん草ばっかり出る日なんだそうだ。チーズとポテトチップス、ミントティーを買って帰る。『ぼのぼの』を20巻まで読んで寝る。