読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕那覇へ

f:id:mia-nohara:20170411145631j:plain

  • 旅のつかれの
  • 腹が鳴ります
  • 山頭火

冷たい雨。冬に逆戻りしたような。荷造りをしてタクシーを呼ぶ。羽田空港へ。いつもの店で讃岐うどん、スタバのコーヒー。大きな機体だけれど、那覇へ向かう人は少なく、座席はガラガラとしている。約2時間、うたた寝しながら空を飛ぶ。下界は白い雲しか見えない。「闇しか見えない地下鉄みたいだね。空鉄?」とジロウが言う。

那覇はほどよい暖かさ。風が吹くと少し肌寒い。ゆいレール牧志へ。ホテルにチェックインしてから、国際通りと市場のあたりをぶらぶら散歩する。かなり奥の住宅地の中までも。

那覇は猫が多い。話しかけると答えるし、近寄ってくる。

f:id:mia-nohara:20170411194001j:plain

市場近くのお惣菜屋さんが「せんべろ」をやっている。多良川を二人で二合、海ぶどう、てんぷらの盛り合わせ、てびちの煮込み。どれもとても美味しかった。温かい島豆腐をおまけしてもらった。

酒は嗜好品である、それが必需品となつては助からない、酒が生活内容の主となつては呪はれてあれ。
木の芽はほんたうに美しい、花よりも美しい、此宿の周囲は桑畑、美しい芽が出てゐる、無果花の芽も美しい。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

安里までぷらぷらと歩く。呑み屋街を散策。三周くらいしてから駅前に戻り、「二十番」で泡盛と山羊のさしみをいただく。

ファミマで買い物をしたら、ボトル入りのガムが当たった。沖縄そばのカップラーメンを買ったが、食べる前にぐっすり眠ってしまった。