醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕宮古散策

f:id:mia-nohara:20170414120018j:plain

  • 朝からの騷音へ
  • 長い橋かゝる
  • 山頭火

軽い二日酔い。のんびりと起きてシャワーを浴びる。くになか食堂でお昼。宮古そばと野菜そば、てんぷら。ぷらぷらとパイナガマビーチまで散歩。同宿の兄さん二人も来ていた。

ありんこ文庫の池城さんに会いに、オモプラッタへ。分室が少しずつ宮古じゅうに増えているようだ。

ありんこ文庫(宮古島)ありんこ文庫(宮古島)

またぷらぷらと散歩。道ばたでよく猫と出逢う。暇そうな猫は挨拶をしてくれる。宮古神社にお参り。宿に戻って少しのんびりとする。

行乞途上、わからずやが多かつたけれど、今日もやつぱり好日。
女はうるさい、朝から夫婦喧嘩だ、子供もうるさい、朝から泣きわめく、幸にして私は一人だ。……

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

呑みに出掛ける途中に、市立の図書館をのぞく。市役所そばの平良図書館は、19時まで開館していたが郷土資料は置いていなかった。北分館のほうにまとめて置いてあるのだそうだ。どちらも建物はとても古い。

下里大通りを散策。島で初めて見つけた立ち飲み屋「串カツ錦」に入る。泡盛琉球王朝」2合、宮古牛のメンチ串、島らっきょうの揚げたの、豚バラ串、冷やしトマト。串入れがシーサーだった。シーサーならぬ、「シーハー」である。

f:id:mia-nohara:20170414184201j:plain

f:id:mia-nohara:20170414185816j:plain

迷ったあげく、大衆居酒屋「なみ吉」へ。本島から出張に来ているというおじさんと仲良くなり、古酒をほぼ一本奢ってもらう。

刺身の盛り合わせ、そーめんちゃんぷるー、海ぶどう、などなど。