醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕伊良部島へ

f:id:mia-nohara:20170415130550j:plain

  • 松風の
  • ゆきたいところへゆく
  • 山頭火

レンタカー屋から迎えが30分早くなると電話。慌てて荷物をまとめ、ドタバタと「ひららや」を出発。ジロウは数年ぶりの運転で緊張している。

まずは市街地へ。市場に立ち寄る。「ありんこ文庫」の池城さんに再び出逢う。じゅーしーおにぎりを買って朝ご飯にする。

伊良部島へ。最近できたばかりの伊良部大橋を渡る。しとしとと雨。フナウサギバナタ、佐良浜漁港、牧山展望台と巡る。レストラン「さしば」でお昼。鶏カツカレー。普通サイズがものすごい量だ。伊良部そばには、なまり節が入っている。この辺りではカツオとマグロが良く捕れるらしい。

晴れてきた。佐和田の浜へ。引き潮だ。かつての津波で流されてきたという巨大な岩が、浜にごろごろと並んでいる。シュールレアリスムだ。

f:id:mia-nohara:20170415143542j:plain

下地島空港の周りをぐるりとまわる。浜ではマーメイドの格好をしたおねえさんたちが記念撮影をしていた。

人魚伝説の残る通り池へ。二つ並ぶ巨大な穴は、海中でつながっている。いろんな生き物が出入りするらしく、ダイビングスポットにもなっている。しかし暗く黒いその穴は、異界に通じるまさに「通り池」。近づきたくないおどろおどろしさがあった。

再び橋を渡って、本日の宿「地球人の休憩所」へ。ほったらかしてくれる加減がよくて、とても居心地が良い。

西公園を見物した、花ざかりで人でいつぱいだ、花と酒と、そして、――不景気はどこに、あつた、あつた、それはお茶屋の姐さんの顔に、彼女は欠伸してゐる。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

城辺(ぐすくべ)のこの辺りには、飲み屋は2軒しかないらしい。1軒は長期休業中で、もう1軒は満席だった。あきらめて、Aコープで食材と泡盛を買って帰る。刺身、豚のウデ肉とニラ炒め、トマト、中身汁を最後はじゅーしーで雑炊にしていただく。他に宿泊客は無く、久しぶりに二人で話しながら呑んだ。