醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕栄区でなにか

f:id:mia-nohara:20170524120438j:plain

  • けふは霰に
  • たゝかれてゐる
  • 山頭火

早起きして、冷蔵庫の中を大いに掃除する。土井善晴の『一汁一菜でよいという提案』に感化されて買い出しに行く。

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

詳しいレビューはまた改めて。

東急には残念ながらおひつは売っていなかった(形から入るタイプである)。代わりに本を買ってしまう。

マンガで教養 やさしい仏像

マンガで教養 やさしい仏像

絵がわりと好きだ。

玄米と味噌、煮干しと鰹節を買う。やまかで、湘南産のレタスとトマト、切り落としベーコンを買う。滋味深い感じの、一汁一菜の昼飯をつくる(3年ぶりくらいに料理をした)。

しばらく家で仕事。黄昏エレジーへ。杉さんが「横浜市栄区でなにか」の集まりを、栄区にあるエレジーでやりたいと言ってくれたので。

横浜市栄区でなにか - ホーム | Facebook横浜市栄区でなにか - ホーム | Facebook

10名程集まる。みなさん、ゆったりと呑んでいってくれたようでよかった。

此宿はおもしろい、遊廓(といつても四五軒に過ぎないが)の中にある、しかも巡査駐在所の前に。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

店じまいを済ませて、呑みに繰り出したがるジロウをたしなめつつタクシーで帰る。