醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕金色の光

f:id:mia-nohara:20170605134343j:plain

  • おとなりが鳴れば
  • こちらも鳴る
  • 真昼十二時
  • 山頭火

今日は胃の調子は良いが、やたらと眠い。意識がふわふわと彷徨い出る感じ。

学芸大学で打ち合わせ。皆で担々麺と醤油ラーメンを食べるが、期待していた割にいまひとつ。高架下の喫茶でブレンド。

解散して茅場町へ。道中、よさげな飲み屋を発見する。日本図書館協会(日図協)の非正規雇用職員セミナー「同一労働同一賃金」(政府の非正規雇用政策を考える)に参加する。終了後、東京駅までぶらぶら歩きながら編集会議をして解散横須賀線に乗り込む。

突如、窓を濡らす雨。それも一瞬のことで、気づくと外が金色の光で溢れていた。

f:id:mia-nohara:20170605175552j:plain

今夜もまた睡られないで困つた、困つた揚句は真夜中の湯にでもはいる外なかつた。

種田山頭火 行乞記 (三) 一九三二(昭和七)年]

すごく、体が重くて辛い。今日はこれ以上仕事をするのを諦める。ヒグラシ文庫へ。ヘンケルからの祝いの樽酒のご相伴に預かる。

f:id:mia-nohara:20170605184630j:plain

大豆とセロリのカレー風味、たぬき奴。樽酒二合。それだけを消費するのにもぐったりするほど、疲れが溜まっている感じ。帰って21過ぎにすぐさま寝てしまう。