醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕ちょうどいい季節

f:id:mia-nohara:20170622123125j:plain

  • 握つてくれた
  • 手のつめたさで
  • 葉ざくら
  • 山頭火

新白河駅経由で須賀川に向かう。新幹線の中でハラスイクラ弁当。暑くもなく寒くもなく、ちょうどよい季節になった。風はひんやりと冷たい。李さんは「少し寒いね」と顔をしかめていたが、須賀川市の人は汗だくになっていた。東北にも夏がやってきた。

会議はちょうど2時間で終わる。明日のイベントに出演する李さんとホテルウィング前で解散。とんぼ返りで鎌倉に戻る。

あんまり神経がいらだつので飲んだ、そして飲みすぎた、当面の興奮はおさまつたが、沈衰がやつてきた、当分また苦しみ悩む外ない。
笑へない喜劇、泣けない悲劇、それが私の生活ではないか。

[種田山頭火 行乞記 (三) 一九三二(昭和七)年]

この頃はよく腹が減る。そして眠い。いくら寝ても眠れてしまう。新幹線の中で爆睡。うっかりモバイルWi-Fiを制限の限りまで使ってしまったので、ネットがとても遅い。高校時代、Yahoo!のトップ画面が表示されるのに30分かかったパソコンを思い出した。

釈迦へ。日本酒二合。鰹。ヒグラシへ。常温一合、ハヤシヤッコ。