醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕公園と図書館

f:id:mia-nohara:20170627171136j:plain

  • 拾ふことの、
  • 生きることの、
  • 袋ふくれる
  • 山頭火

オフィスに出社。夕方からの意見交換会の準備。その他、少しだけデスクワークをオフィスでこなす。何もかもがいっぱいいっぱいである。

板橋区へ向かう。電車で爆睡。少し早めに着いたので、新図書館建築予定地の公園をぶらぶらとする。移動させるかもしれない、立派な銀杏の木に触れてみる。

区民意見交換会はなんとかなごやかに進められた気がする。円陣を組む。

朝蜘蛛がぶらさがつてゐる、それは好運の前徴だといはれる、しかし、今の私は好運をも悪運をも期待してゐない、だいたい、さういふものに関心をあまり持つてゐない、が、事実はかうだつた、東京から送金して貰つた、同時に彼女から嫌な手紙を受取つたのである。
二三日前からの寝冷がとう/\本物になつたらしい、発熱、倦怠、自棄――さういつた気持がきざしてくるのをどうしようもない。

[種田山頭火 行乞記 (三) 一九三二(昭和七)年]

閉店間際のヒグラシへ。女子会(生物学的男子多め)が繰り広げられている。常温二合、塩豚、鶏唐揚げネギソース3つ。水族館劇場へ入団したことをFacebookに書き込む。