醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕板橋、大和

f:id:mia-nohara:20170714202245j:plain

上板橋へ。早くついたので、蕎麦とカレーの朝飯。第三中学で校長先生に挨拶をし、さくっと解散。大和へ向かう。

駅前のイタリアンカフェでスパゲッティ。高崎の大盛りパスタに慣れてしまうと、都心の上品なパスタが物足りなくなってしまう。

シリウスで打ち合わせ。藤沢に出て、江ノ電で稲村ガ崎へ。Think Spaceで仕事。

曇、まだ梅雨模様である、もう土用が近いのに。
今日も、待つてゐる手紙がない、旅で金を持たないのは鋏をもがれた蟹のやうなものだ。手も足も出ないから、ぼんやりしてる外ない、造庵工事だつて、ちつとも、捗らない、そのためでもあるまいが、今日は朝から頭痛がする。……
山を歩く、あてもなしに歩きまはつた、青葉、青葉、青葉で、ところ/″\躑躅の咲き残つたのがぽつちりと赤いばかり。
めづらしく句もない一日だつた、それほど私の身心はいぢけてゐるのだらうか。

[種田山頭火 行乞記 (三) 一九三二(昭和七)年]

江ノ電鎌倉駅へ。水玉の旗がはためいていた。