醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕盲目の女旅芸人

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20180120130904j:plain

  • 大空晴れわたり
  • 死骸の沈黙
  • 山頭火

なかなか早くは起きられない。とんでもなく長い時間眠っている。起きて、資料となる本をめくり始める。

恋する武士 闘う貴族

恋する武士 闘う貴族

題材は少しずつ見え始めている。中世で、女性を呼ぶときの「○○御前」という名称は、盲目の女芸人「瞽女」に通じているのか。瞽女に関する本を集め始める。波(WAVE)に行ったが40分待ちとのこと、腹が減っていて待てず、HANABIへ行く。ちょうど座れて、すぐに食べて家に戻る。古本屋で注文した本が届いていた。

溜まりに溜まったメールの処理。気がつけば3時間ぶっ通しでやっていた。重要書類のスキャン。何件かメールを送る。早くも力尽きる。cakesの「現代作家アーカイヴ~自身の創作活動を語る」が更新されていた。

それと、これはこれからお書きになる人に言いたいんだけれど、何か誰かのことを書こうと決めるでしょ。そうすると、その人が、もう死んでいる人ならその人の魂が、必ずここで会うべき人、ここで読むべき本、それを持って来てくれる。

cakes.mu

なるほど、そうか。書かなくてはいけないことは、自然に集まってくるのだろうな。

自分が見え坊だつたことに気付いて、また微苦笑する外なかつた、といふのは、私は先頃より頭部から顔面へかけて痒いものが出来て困つてゐる、それへテイリユウ膏を塗布するのだが、見えない部分よりも見える部分――自分からも他人からも――へ兎角たび/\塗布する。……

種田山頭火 行乞記 三八九日記

ヒグラシへ。今日はタケさんとえっちゃん。3月のライブに向けた新年会(の2次会?)だったらしく、奥様方で賑わっている。サンタクロースに似たポーランド人のおじさんと、片言の日本語で俳句について話す。常温(最近、銘柄が「渡る世間は酒ばかり」になった)、ホウボウの刺身、牡蠣、ハーブ鶏。酒を頼む時に「ワタルを」というのが流行りらしい。

釈迦へ。一ノ蔵。結構酔っ払って、夜中に写真をたくさん撮る。コンビニで炭酸水とハバネロのスナックを買って帰る。