醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕ただ、生きるんだ。

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20180403130437j:plain

  • 濁つた水で
  • 木かげ人かげ
  • 山頭火

キャベツが小さいのじゃなくて、タケノコがでかすぎるのだ。

「仕事をしてる」と言うのは、まっとうな社会人みたいでいいな、と思っていた。
「仕事をするのが大人の責任」みたいに思っていた。
でもそういうのを全部やめることにした。
仕事はしない。働かない。

ただ、生きるんだ。

閑寂のよろこび、自分の長短がはつきり解る。

種田山頭火 其中日記 (三)


腹が張るので食物繊維を摂取しようと思って、キャベツとタマネギを山ほどいれたオジヤをつくる。
ジロウは連休。
病院に行こうと思っていたがやめて、ジロウの休日に付き合うことにする。

銭洗弁天へ。「運気上昇みくじ」なるものをひく。
日の出のキーホルダーが出てきた。

もやい工藝をのぞく。
ジロウはガラスのコップを買っている。
水のような色をしている。

御成スタバが混んでいたので、駅前のスタバへ。
コーヒーと、ジロウはフィローネでお昼。

横浜へ。高島屋へ行く。
なかのかずひろさんのグラスをおそろで購う。

www.instagram.com

ヨドバシカメラへ。
ジロウはタブレットを買おうかと悩んでいるけれど、今日のところは買わないことにしたらしい。

焼き鳥屋へ。2人で3合、ハツとレバーの間の「あいだ」という部位が美味しかった。

鎌倉に戻って、釈迦へ。
芹とほうれん草。フキのおすそわけをもらう。

家に帰って、映画を見る。

女の奔放さと男の幼稚さ。