醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明(@mianohara)

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕ギョサンがたくさん届く

 
 野原 海明 はてなブログPro  

f:id:mia-nohara:20180505123705j:plain

  • 山は若葉の、
  • そのなかの
  • 広告文字
  • 山頭火

晴、なか/\つめたい。
待つてゐるものは来ない。

種田山頭火 其中日記 (三)

すっと、腑に落ちる。
なんか遠慮して自分のことを「ライターです」とか名乗っていたけれど、もう堂々と「作家です」って言って大丈夫だ。

ライターは、物事に昭明を当てる仕事。
いい意味で火をつける仕事。

作家は、生み出す仕事。


「仕事」という言葉への抵抗感も薄れてきた。
仕事という遊びを続けていけばいいんだ。


公式サイトをちょっとだけリニューアルする。

www.mianohara.com


財布をなくしたと言ってしょんぼりしながらジロウが帰ってきた。

ギターが配送されてくるときに使われていた、巨大な段ボールを捨てに行く。
小脇に抱えると、「サーフボードを抱えてこれから海に行く人」になったような気がしてテンションが上がる。

海には白い波。風が強い。
ウィンドサーフィンには絶好の日和だと思う。


お茶を沸かしながら、無印良品のはたきを買おうかなと考えている。

www.muji.net


玄関チャイムが鳴る。今日は佐川急便だ。
いつも不在届けが入っているから、担当の男子の名前を覚えてしまった。
佐川のダイスケくんは、今日はなぜか「大入」と書かれた前掛けをしていて、酒屋さんみたいだった。

ギョサンが届いた。うれしい。

www.gyosan.net

ずっと狙っていた、ラメ入りクリアブラック。

www.gyosan.net

和風の一本鼻緒。底も厚めで下駄みたい。
早速履いた。履き心地、なかなか良い。

www.gyosan.net

ブルーライトで光るという、蛍光クリア。
届いたときから変な色に光り出していた。なんかわかんないけど、エロい。

www.gyosan.net

ジロウはオレンジ。
写真より、現物は限りなく便所サンダル的色合いだった。

玄関がギョサンまみれになった。大変嬉しい。


飯を炊いて、トマトとベーコンのとき卵味噌汁をつくる。
落ち込んでいるジロウは再びソファーで寝ている。

洗濯をして、頼まれた原稿執筆の続き。
講演資料の作成準備。


ようやくジロウが起きて来たので、17時過ぎに一緒に家を出る。
そのままヒグラシへ。今日は釣り師のひとみさん。
はるばる小倉からやってきたという母娘(お母さんは「3人姉妹ですのん」と言っていたが、お母さんと姉妹だ)と、フリーペーパー『雲のうえ』について盛り上がる。

雲のうえ: 一号から五号

雲のうえ: 一号から五号


釈迦へ。完全に呑みすぎ。
お気に入りだった魚の骨の形のピアスを落としてしまう。
普段はしんとしている夜の鎌倉が、GWの今日は暗くなっても賑やかだった。

ジロウの財布は無事に見つかったらしい。