醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明(@mianohara)

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕結婚したい男性の条件

 
 野原 海明 はてなブログPro  

f:id:mia-nohara:20180513103515j:plain

  • いちにち石をきざむや
  • 葉ざくらのかげ
  • 山頭火

旅立の用意いろ/\、これも身心整理の一端だ。
八時頃から行乞と出かける、山口まで急行、四時間あまり行乞、帰庵の途中――農学校附近で、六時のサイレンを聞いた。
新聞も今日限りで一時購読中止。
行乞は自他を省察せしめる、人さま/″\の心かな。
空腹(昼食ぬきなので)へ焼酎一杯はうまかつた、うまかつた。

種田山頭火 其中日記 (三)

ついに山頭火が旅立った。


資料を広げられる、でかい机が欲しくなる。
学生時代には、ちゃぶ台にパソコンを置いて、畳一面に資料を広げてレポートを書いていた。今は床座だといまいちスイッチが入らない。海を眺めながら机に向かうのが好きだ。

自分の中に棲まう作家の人格に「野原先生」と名付けてお世話をする。
彼が執筆しやすいように環境を整える。
自分に棲む創造性という生き物に対して、おれは名編集者にもなる。

ときに、おてんばでワガママな小学生男子の「ミアちゃん」も顔を出す。
彼女のワガママを叱るのではなくて、思い切り甘やかす。


そういえば、母親に「早くしなさい」とか「ダメ!」とか、言われたことは一度もなかったなぁ。
そう思いながら書店で本を物色していると、若いお母さんが男の子を「それはダメ!」「早くしなさい!」と叱っていた。男の子はもうその言葉に聞き飽きているのだろう、どこ吹く風で絵本を手当たり次第めくっていた。


あまり早くは起きられなかった。
昨夜、楽しく「びじゅチューン!」を見過ぎたかもしれない。
のんびりと本を読みながら風呂に入る。

愛でメシが食えるかって? 愛でこそ食えるんだよ

愛でメシが食えるかって? 愛でこそ食えるんだよ

読み終わる。

自分のリミッターをはずす! ~完全版 変性意識入門

自分のリミッターをはずす! ~完全版 変性意識入門

読み始める。


昨日ケンタッキーフライドチキンを食したばかりだというのに、鶏肉欲がとまらない。
焼き鳥のような小さい塊ではなくて、大きな鶏肉をがぶりとやりたい。

鶏肉欲をなだめつつ、キャベツと生姜のチャーハンをつくる。卵多め。

図書館へ。今日のカウンターは、ひさしぶりの元同期。
知り合いに面倒くさい依頼をするのはやっぱり気が引ける。

御成スタバへ。依頼されていた原稿の最終見直し、提出。
講演資料の作成。


ヒグラシへ。
「なんか疲れてる顔してない?」とひとみさんに言われる。
確かに、頭からぷしゅーっと湯気が出ていたかもしれない。

今日は、Sさんの命日だ。

釈迦へ。
「結婚したい男性の条件」について、盛り上がる。

友人「健康で、働いてて、自分のことは自分でできるひと」
おれ「それ、すっごいハードル高けえ」

ちょっと飲みすぎる。

明日はKamakura Petit Rock Festivalだ。みんな行くらしい。
「また明日ね!」と言いながら別れる幸せを感じつつ帰る。

帰宅して春蜜柑をつまむ。
セスの続きを読みながら寝る。