醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

SUZURIでヘンなTシャツを調達するのにはまる

f:id:mia-nohara:20180604124204j:plain
これはosmさんの鯖Tシャツ。osm ( osm_036 ) の【鯖】Tシャツ ∞ SUZURI(スズリ)


SUZURIは、画像をUPすれば誰でも簡単にオリジナルグッズが作れて、しかも販売もできてしまうというサイト。
Tシャツの他にはスマホケース、サコッシュやメモ帳、缶バッチ、ステッカーによだれかけ(ベイビービブ)まで、いろいろとある。

夏になるとヘンなTシャツばかりを着ている私には大変たまらないサービスなのである。

suzuri.jp


f:id:mia-nohara:20180531172822j:plain

同じくosmさんの豚ロースTシャツ。osm ( osm_036 ) の【豚ロース】Tシャツ ∞ SUZURI(スズリ)


何がキッカケではまったのかと言えば、漫画『凪のお暇』で主人公の凪ちゃんが着ているバランのTシャツが、SUZURIで買えると知ったからである。

凪のお暇 2 (A.L.C. DX)

凪のお暇 2 (A.L.C. DX)


で、こうなったと。
魚占 ( sakanaonna ) の【バラン】Tシャツ ∞ SUZURI(スズリ)


f:id:mia-nohara:20180604130304j:plain

SUZURIのTシャツ、肌触りが良くて気に入っています。
いろんなカラーが選べるのも嬉しい。
真っ白じゃないし、グレー過ぎない、「オートミール」という色が好き。
通常のTシャツだとガールズサイズがあるのもありがたい(フルグラフィックTシャツにはないみたい)。

そして、トートバッグにまで手を出してしまった!
アイロニ ( ironi ) の【放蕩】トートバッグ ∞ SUZURI(スズリ)

f:id:mia-nohara:20180604130858j:plain


紺が欲しかったのだけれど品切れで、ホットピンクとターコイズブルーのをゲット。
このビビットな感じは、普通のグッズ屋さんではあまり見ないのでとてもうれしい。

買ってるだけじゃなくて、自分で出店するとまた楽しいのだろうと思う。
こういうところに、オープンデータになっている博物館や図書館のアーカイブを使えばいいわけか!


ちなみに、なんにもデザインが思い浮かばない場合でも、「スリスリ神宮」に行くと自分のツイートをかっこよく(?)Tシャツにしてくれます。

suzuri.jp


もちろん販売も可能。