醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明(@mianohara)

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕私が家を捨てたのは

f:id:mia-nohara:20180627145633j:plain

  • カフヱーもクローバーも
  • さびれた蓄音器の唄
  • 山頭火

△「嘘をいはない」ではまだ浅い、「嘘がいへない」まで深くならなければならない。
梅干の味、それは飯の味、水の味につぐものだ、日本人としてそれが味へなければ、日本人の情緒は解らない。

種田山頭火 行乞記 伊佐行乞


陰暦皐月十二日、晴れ。月経初日、活力低い。

6月25日といえば、AZUMIさんの歌だ。

www.youtube.com

私が家を捨てたのは6月25日
梅雨の真っ最中だけどカラカラ天気
土砂降りだったらカッコついたのにね


さすがに呑みすぎた。昼過ぎまでぐだぐだと寝ている。

銀行残高を寂しい気持ちで眺める。
いくらあったって、足りないと思っていたら足りないのだ。
ただ、それだけのことだ。

ジロウと御成のオクシモロンへ。
そぼろカリーを激激辛で。ジロウは激辛。

駅裏のATMが長蛇の列だったので、表の銀行へ。
そうか、給料日なのか。
事務所の家賃を振り込む。

御成スタバへ。
日記と小説を書く。

ヒグラシへ。今日はタケさん。
冷酒一合おごってもらって都合三合。
平目の刺身と豚足。豚足は骨まで美味しかった。