醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕利用してしまえばいいのか

 
 野原 海明 はてなブログPro    

  • 山ほとゝぎす
  • 解けないものがある
  • 山頭火

私は酒が好きなやうに水が好きである。
これまでの私の句は酒(悪酒でないまでも良酒ではなかつた)のやうであつた、これからの私の句は水(れいろうとしてあふれなくてもせんせんとしてながれるほどの)のやうであらう、やうでありたい。

種田山頭火 行乞記 大田


陰暦水無月四日、晴れ。

二日酔い。
昼頃までごろごろとする。

名誉欲、見返してやるという気持ち、有名になってちやほやされたいという俗世に紛れた欲。

それらを葬り去るのではなくて、利用してしまえばいいのかと思い直す。

高校の進学特進授業の先生に、
「早稲田を受ける? お前が? あっははははー!」
と爆笑されて、なにくそー!と勉強したら受かってしまったみたいに。


太陽堂でらーめん、煮卵入り。
ジロウは全部のせの特製らーめん。

午後から銀座へ。
柴田悦子画廊へ、トッペイちゃん(西村亨氏)のエロい人形を観に行く。

新橋の駅の天井が不思議な雨漏りをしていた。
樹液を集めているみたいな。

有楽町のわしたショップを物色。
無印良品も物色。

都内で飲む気にならず、鎌倉へ戻る。
との山で軽くひっかけて、買い物して帰宅。

夜、義母さんが倒れたとの知らせが入る。
駆けつけるジロウを見送る。