醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕原マスミのライブなのだ

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20180805103748j:plain

  • ききようかるかや
  • ことしの秋は
  • 寝床がある
  • 山頭火

五日ぶりの酒はこたえた、といふ訳で寝すごした、六時のサイレンが鳴つてから御飯、むろん、昨夜の残酒はそのまゝにしておかなかつた。
朝はよいな、ことにけさはよいな。

種田山頭火 行乞記 山口


水無月廿四日、晴れ。

人生における諦めを、常識のごとく説教するのは辞めていただきたい。

「わかったふうなこと言ってんじゃねえよ」と突っかかりたくなる。


今日も早起き。
アビヤンガをしながら、『セスは語る』の続きを読む。

セスは語る ― 魂が永遠であるということ

セスは語る ― 魂が永遠であるということ


坐禅をして、散歩。
日曜日というだけあって、人が多い。
子連れのお父さんお母さんは、ラッシュガードを着ている。
去年はそんなにラッシュガードの人(特に男性は)見なかった気がするのだが、流行っているのだろうか?

光明寺へ。今日も本堂に上がって、おみくじをひく。吉。

のぞみ事かなう、のちの吉凶はその人の行いによるべし

帰ってきて昼食。今日は讃岐うどん
1玉じゃ少ないし、2玉じゃ多い。難しいもんである。

日記を書いて、


小説を書く。


アメブロも書く。


ジロウが起きてくる。
身支度が済むのを待つ間、はてなブログも新しく書く。
今日は書き終わらず、下書き保存。

御成スタバへ。
ベーシック・インカムのことを少し勉強する。

molnへ。「貸切り図書館」というライブイベント。
63冊目の今日は、原マスミのライブなのだ。
やまぐちめぐみ作品展記念として開催された。


トートバッグを買ったら、サインだけじゃなくて絵まで描いてくださって感激。


目黒区美術館で2007年に開催された「原マスミ大全集!展」には二度足を運び、ずーっとソファーに座って観ていた。
ライブを聴くのは実は初めてなのだ。
それが、鎌倉で聴けるなんて。

こわくない夢―原マスミ作品集

こわくない夢―原マスミ作品集


原マスミの歌には、海や夜、月に星、そして死が散らばっている。
2回目のアンコールで歌ってくれた「夜の幸」間奏での、宮澤賢治『注文の多い料理店』序の朗読がまた素晴らしかった。

夜の幸

夜の幸

人間の秘密

人間の秘密


一方その頃、由比ガ浜には鯨が座礁してしまっていたらしい。

www.instagram.com


ヒグラシへ。
今日はまゆちゃんとセカンドひとみさんの初コンビ。
冷酒二合、カツオの刺身。

帰ってきてぱたんと眠る。