醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕用が終わるとともにやむ

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20180812200221j:plain

からりと晴れてゐる、身心もさつぱりしてゐる、今日は昨日の分まで行乞しなければならない。

種田山頭火 行乞記 仙崎


文月三日、晴れのち曇り、ゲリラ雷雨

メンターや師匠に恵まれている人生である。
願わくはこれからの人生は、タテのつながりでなく、ヨコのつながりが広がりますように。

やや早起き。アビヤンガしてのんびり入浴。
湯船で『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』の2巻を読む。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。(2)

ずっとやりたかったことを、やりなさい。(2)

ジロウがわりと早く起きてくる。
米を炊いて食う。

「親がいなくなった最初の誕生日ほど哀しいものはないね」
と、ジロウがぼそりと言う。

経理して、日記を書き、

小説を書く。


依頼されている原稿の続き。
資料がそろったので、後は文章を整えるだけ。


印鑑証明を取るジロウに付き合って家を出る。
まだ15時だというのにすごく暗い。
分厚い雲がもりもりと湧き上がっていく。
世紀末のようだ。

市役所に着くと同時にぱらぱらと雨は降り始め、用が終わるとともにやんだ。

御成スタバで原稿の続き。
ノートの切り替え作業、メールチェック。

買い物をしながら帰る。
レッドホットチキン、ワイン、炭酸水。

ジェネラル・ルージュの凱旋』を観る。

図らずも、堺雅人ばっかり観ている気がする。
いい目つきをするなぁ。