醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

酒場は唯一、何も演じる必要のない場所だった〔アメブロ〕

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20150809060006j:plain


生活費を稼ぐために仕事をしていたとき、私は仕事人としての私を演じなければならなかった。
その仕事はずっと憧れていたもので、好きなことで生活費を稼げるならありがたいと思おうとしていたけれど、「野原海明」という人格のまま働くことはできなかった。

誰しも、そうやって何らかの役柄を演じているのだと思う。
家に帰れば父親を、仕事に出掛ければ先生を、実家に帰れば息子を、友人の前では、妻の前では、恋人の前では……

状況や立場に応じて切り替わる幾つもの仮面。
合わない仮面は自身をむしばむ。
取れなくなった般若の面のように。



続きは下記リンクからどうぞ。

ameblo.jp