醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明 @mianohara

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

白濁(五十八)

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20181102153101j:plain


「行こう」

 グラスを空にすると、タケシさんは私の背中に手を添えた。

「ごちそうさま」

 店主に声を掛けて店を出る。縄のれんも看板も、もう仕舞われていた。

 軋む階段を降りる。かつら小路の入り口で、地べたにへたり込んでいる人影があった。男だ。顎に届くくらいの長い髪。高橋だった。



続きは下記リンクからどうぞ。

mianohara.goat.me