醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

白濁(六十二)

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20181108150200j:plain


「昼間の町を一緒に歩いて欲しいんだ。なんでもなく、普通に」

「それだけ?」

「それだけ」

 高橋は自分のシャツの袖をつまんで言った。

「あ、でも俺、なんか汚れてる?」



続きは下記リンクからどうぞ。
mianohara.goat.me