醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕天気予報が雪だるまのマークになっていた

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20190324103044j:plain

夜は親しい集り、黙壺、後藤、池田、蓮田の諸君。
近来にない気持のよい酒だつた、ぐつすりと眠れた。

種田山頭火 其中日記 (六)

如月十七日、雨ときどき晴れ。寒の戻り。

自分の家にいてくれて、ご飯をつくってくれて、洗濯や掃除もしてくれる。育児も親の介護もしてくれて、したいときにセックスできる。なにそれ、最高じゃん。……と思ったら、それって昭和の良くできたヨメか。女に家と書いて嫁と読む。

7時26分に起きる。風呂で『ずっとやりたかったことを、やりなさい(2)』を読み返す。

家族や友人や恋人に気をつかって合わせていると、表現者はある日突然爆発する。突発的な爆発を防ぐためには、普段から十分に自分勝手にすること。

創作の苦しみは、創作する人にしかわからない。外からは遊んでいるように見えても、戦っているのだ。それをわからずにちょっかいを入れてくる人ととは距離を保たなくてはならない。

わかってもらえないときには、逃げること。自分の大切なものを守ること。

入浴時間は1時間22分34秒だった。早めに家を出る。歩きながらYagisaya TVをイヤホンで聴いている。

昨夜、釈迦で一口ステーキを食べたら、無性にステーキが食べたくなる。同じものを何日も続けて食べたくなるクセがあるのだ。久しぶりにJ.S. STEAK STANDへ。ハンギングテンダー200g、ソースはレッドホットアラビアータ、サイドはマッシュポテトとローストトマト。メニューがちょっと変わっていた。内容は一緒なんだけれど写真が大きくなっていて、指を差しながら注文しやすいデザインになっていた。ユーザビリティとデザインのことをちょっと考える。

御成のスターバックスへ。冷たい雨。いつのまにか、Apple Watchに表示される天気予報が雪だるまのマークになっていた。ちょっとみぞれが降ったらしい。それでも、スタバのチューリップは満開だ。

溜まっていた日記を更新する。

小説を書く。先日観た、青江薫さん主演の遊行かぶき「一遍聖絵」のことをブログに書く。ずっと書きたかったんだけれど、頼まれていた原稿が佳境で書けなかったのだ。

久しぶりに、アメブロを更新する。SEOとか、読みやすさとか、編集のルールとかトンマナとか、なんにも気にせず書く。好きなように書く文章は一瞬で書ける。しゃべるのよりもずっと早い。

パソコンのバッテリーが落ちてしまったので、iPhoneで読もうと思って溜めていた記事を読む。暮六ツ時(今の鎌倉は18時26分くらい)になったので切り上げる。

筍へ。土佐鶴二杯、鯵なめろう、月見まぐろ納豆、ぶっかけ深川飯。深川丼よりも、浅蜊の味噌汁で猫マンマにしたような深川飯がスタンダードならしい。

帰りにイカフライ(せいべいみたいなやつのほう)と日本酒、フリーズドライの味噌汁を買う。『大きな鳥にさらわれないよう』を読み終わる。

しばしパズルゲームに興じて、21時45分に寝る。