醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕無性にモナカアイスを食べたくなる

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20190617113343j:plain

  • 水田青空に
  • 植ゑつけてゆく
  • 山頭火

法衣を脱ぎ捨てゝしまへ、俳句の話なんかやめてしまへよ。
それにしても、やつぱりさみしい、さみしいですよ。

種田山頭火 行乞記 (三)


皐月十五日、晴れ。

傍観者ではなく、自分が光りを放ちたい。
観客席ではなく、ステージに上がろう。

8時26分に起きる。noteで「みんなのフォトギャラリー」にUPしていた素材写真を、しいたけ. さんが使ってくれた。朝から通知に驚く。

風呂で『新版 エニアグラム【基礎編】 自分を知る9つのタイプ』を読む。入浴時間は1時間4分6秒だった。

梅雨の中休み? それとももう梅雨明け? あまりに良い天気なので、短パンに麦わら帽子をかぶり、ビーサンをはいて首からカメラを提げたら、完全に「夏休みの小学生男子」になった。

昼は静雨庵へ。温かいつけ麺にネギを追加してもらう。ネギというのは、チャーシューの切れっ端と長ネギを辛く合えたもの。ケガをされていたのはご主人でなく、女将さんのほうだった。痛々しいギプス。

御成のスターバックスへ行く。原稿の校正部分をデータに反映させて提出。脱稿! 日記を書く。

今日は根詰めて仕事せず、ぱぁーっと買い物に行くことにする。鎌倉駅裏口のトイレに入ったら、和式便所の周りが大変な水たまりで「ぎょえー」となった。みんな、和式で用を足すのが不慣れになりすぎて、的が定まらないのだろうか?

大船ルミネを彷徨ったが、特にアドレナリンが出るほど欲しいものはない。もう少しで終わりそうな化粧水(ジロウも使うので)だけ買って帰る。

早めのヒグラシ文庫へ。菊水冷酒二合、塩らっきょ、レモンソーセージ。久し振りに逢った友人から仕事の依頼。「ミアがライターやってくれるんなら百人力だよ!」と言ってくれる。ちょうど同じタイミングで、新しい原稿依頼。まったく営業活動していないのに、有難いことである。

あんまり食欲はなかったはずなのだけど、もうちょっと何か腹に入れたくなってとのやまへ。ちょうど満席。まだ開店したばかりの時間なのに、エンドウさんは早くも「もう帰りたい」とぼやいていた。越の誉、筋子キュウリ、砂肝。

「酔っ払って帰るとつい変なものをコンビニで買ってしまう」という話で盛り上がったせいか、無性にモナカアイスを食べたくなって、やっぱり買ってしまう。頬張りながら『海獣の子供』を読み返す。

海獣の子供 (2) (IKKI COMIX)

海獣の子供 (2) (IKKI COMIX)

腹一杯で21時15分に寝る。0時頃、酔っ払ってハイテンションで帰って来たジロウに起こされる。