醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明 @mianohara

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

2018-10-06から1日間の記事一覧

白濁(四十三)

毎日のように、どこかの飲み屋で待ち合わせては、わざと店を出る時間をずらし、終電まで私の部屋で性急に体を重ねて帰る。タケシさんは、いろんな店で「最近よく会うね」と常連たちに言われている。

〔日記〕ウユニ塩湖のように

波打ち際で浜千鳥のつがいっぽい鳥がテトテト歩いていた(後で尾瀬高校の後輩が教えてくれたところによると、ミユビシギという鳥らしい)。日が差してきた。神々しいまでの朝日だ。光明寺にお参りして帰路につく。