醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

山頭火とともに歩む日記

〔日記〕グレゴリーのバックパック「コンパス30」を買う

「コンパス40」は人気につき売り切れとのこと。でも、身長153cm のおれには、30リットルの「コンパス30」でも背負ってみるとかなり大きく見える。たぶん、40リットルの「コンパス40」は背負いきれないだろう。

〔日記〕黄昏エレジーでAZUMIさんのライブ

黄昏エレジーへ。今日はAZUMIさんのライブ。後半はコアなファンばかりになってすっごく濃厚なライブだった。堪能し尽くす。日本酒3杯、ねぎま、おでん。

〔日記〕新しいことがどんどん始まる前に

新しいことがどんどん始まって、友人たちからも「暇してるんなら仕事手伝って」という連絡がちらほら入るようになってきて、うれしいけれどおれはまだ不安みたいだ。 そうか、そういう不安が入り交ざって、新しいことがどんどん始まる前にひたすら羽目を外し…

〔日記〕ただただ酒を呑みながらうだうだとしていたい

ただただ酒を呑みながらうだうだとしていたい気持ち。今週は4日休みだったジロウと合わせて過ごしていたから、一人で好き勝手だらだらする時間を欲しているのだろうか?

〔日記〕朝から酒をあおることに決める

明け方、ハイテンションで帰ってきたジロウに起こされる。せめてあと一時間は寝ていたくて、フガフガと怒る。ジロウが寝るのを待ってふて寝をしていたら、結局9時まで眠ってしまった。今日はようやく早起きができそうだったのに。憤慨して朝から酒をあおるこ…

〔日記〕自分も王様にならなきゃいけない気がしてきた

知らない人と目を合わせるのが怖くて、お買い物のレジではいつも下を向いていた。今日はおれは王様なので、堂々と目を合わせてにっこりと支払をする。なんだかどのレジでも、丁重に扱われた。

〔日記〕三宅伸治×友部正人×鮎川誠 3KINGS のLIVEを聴きに横浜THUMBS UP(サムズアップ)へ行く

王様ばかりのライブは「船頭多くして……」状態にならないかとちょっと心配だったけれど、不思議とそれぞれの個性が調和して素晴らしいステージだった。

〔日記〕このあたりは圏外なのかしら、田舎だわ

突然電波が入らなくなる。大船のこのあたりは圏外なのかしら、田舎だわ……なんて思ってたら、SoftBankの大規模電波障害だった。

〔日記〕最強に辛い担々麺を注文する

紅虎餃子房で最強に辛い担々麺を注文する。具は、ほとんど唐辛子。あとパクチー。ジロウは山椒の効いた胡麻の担々麺で、こちらもそれなりに辛かったようだ。

〔日記〕それでもちゃんときれいだ

長谷寺へ。紅葉がちょうど良い頃。今年は塩害で茶色っぽくなってしまったけれど、それでもちゃんときれいだ。

〔日記〕まんまと麻婆豆腐をつくってもらう

冷や飯を蒸籠で蒸していると、ジロウが「何かつくるの~?」とのぞきにやってくる。

〔日記〕長谷の vuori -ブオリ- へ「本と灯り」展を見に行く

先日、満でフライヤーを見かけて気になっていた「本と灯り」展を見に、長谷の vuori へ行く。

〔日記〕「月曜断食」を始めることにする

『月曜断食』を読んで、今日から週一の断食を始めることにする。本書が勧めるのは、1週間を「不食・良食・美食」のサイクルで過ごすこと。平日に仕事をする人のスケジュールに合わせて、不食の日は月曜日に設定されている。

〔日記〕原稿用紙101枚分あった

g.o.a.t で連載をしていた小説を一太郎に落とす。原稿用紙101枚分あった。これから再構成の作業。

〔日記〕どこへ行っても生きられるように

何があってもどこへ行っても、生きられるように図太くありたい。遅れてきたバックパッカーにでもなろうか。

〔日記〕T字路sというバンドを知る

朝から呼ばれたようにGoogle ニュースを見て、T字路sというバンドを知る。写真の可愛らしい見た目からは想像できないほど渋い声でブルースを歌う。超カッコイイ。

〔日記〕何か発掘されたのだろうか

帰りがけ、大新の前で何やら大掛かりな工事が行われていた。何か発掘されたのだろうか?

〔日記〕湯たんぽとブランケットを買う

帰り道、小町通りに抜ける裏路地の出口で、白い三角コーンが立っているのを見つける。酔っ払いが転ばないための灯台だ。けなげである。

〔日記〕鏡に映るそれ

生まれて初めてショートヘアにしたのは中学に入学するときだった。母親が「中学生になってまで、そんな長い髪をしている人はいないんだよ」と言うから、それを鵜呑みにして切りに行ったのだ(思えば素直な子供だった)。 美容師さんはおれの超天然パーマに恐…

〔日記〕どかーんと休みたい気持ち

毎日休みみたいなものなんだけれど、もっと、どかーんと休みたい気持ち。ただワインでもずるずる呑みつつ、漫画やゲームばかりやっていたい気持ち。

〔日記〕髪を切ってもらうのだ

CUREへ行く。福西くんに髪を切ってもらうのだ。ボブにしてもらっていたのを、さらに短いショートへ。

〔日記〕嫌いな人の嫌いなところを真似してみる

「嫌いな人に投影しているイヤな自分の部分」を克服するのには、「嫌いな人の嫌いなところを真似してみる」のが手っ取り早い。そして、「自分の嫌いな自分」を前面に出してみたところで、案外他人には嫌われないものなのだ。

〔日記〕背に六臂の仏様

建長寺の雲龍図に会いに行くことにする。亀ケ谷切り通しを昇るとき、雲が巨大な龍になって迎えていた。背に六臂の仏様を乗せている。仏様は、楽しそうに体をくねらせて踊っていた。

〔日記〕アオリイカと遊ぶ

江ノ電に乗って江ノ島を目指す。神々しい天使の梯子が降り注いでいた。えのすいへ。アオリイカと遊ぶ。大水槽の魚の名前を少し覚える。エイの「おまんじゅう」は、ガラスのこちら側から名前を呼んでも、呼ばれているのがわかるみたいだ。近くにやってきてふ…

〔日記〕その場で照明を買う

なんて、おれの書いた小説の主人公は言っていたけれど本当かなぁ。ただのセフレに着地してしまうんじゃないかなぁ

〔日記〕きたかまフェス2018に行く

ぷらぷらとその辺を歩いて、七尾旅人の出演時間を待つ。早めに戻ったつもりがほぼ満席で、リハーサルからもうなにやら楽しい気配がにじみ出していた。会場の端っこで、これから別の会場でライブを予定している友部正人がこっそり聴いていた。

〔日記〕Kindle、それは現代の素晴らしき石板

Kindleの素晴らしいところは、これ一台だけ持っていれば、何十冊もの本が並行読みできるところだ。何冊もちょいちょい読むのが好きなおれの場合、紙の本だとすぐ机にタワーができてしまうし、鞄が錘のようになってしまう。Kindle、現代の素晴らしき石板よ。

〔日記〕「わたしのきんいろ手帖 2019」リッチゴールドにするかシャンパンゴールドにするかすごく悩む

ああ、やっぱりシャンパンゴールドでよかった。こっちのほうが月の光みたいで好みだ、と納得して店を出る。ちなみに、2018年版もシャンパンゴールドを使っていました。

〔日記〕あんまりきれいだったから

ジロウがわりと早起きだったので一緒に散歩に出掛ける。材木座海岸の入り口で、奥さまが一人魂の抜けたように立ち尽くしている。その奥さまがすれ違うとき、「観光でいらっしゃったの?」と訊く。とっさに「いいえ」と答えると、「あ、そうなの。あんまり富…

〔日記〕iPhoneとは曼荼羅世界を具現化したものなのかもしれない

アプリの整理方法の記事を見て、それを参考に並べ直す。なんだかiPhoneのホーム画面が曼荼羅のようになった。iPhoneとは曼荼羅世界を具現化したものなのかもしれない……。