醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

山頭火とともに歩む日記

〔日記〕ちょっといいタオルを入手する

ほろ酔いで買い物に出かける。小町通りの今治タオルの店「伊織」で、パワーストーンを包むためのちょっといいタオルを入手する。川で堆積してできた水成岩には、雨の柄のタオルを。溶岩の中から生まれた火成岩には、富士山の柄のタオルを。

〔日記〕悪のウルトラマンチームを結成

何度も前を通りかかりながら、一人で入る勇気のなかった海獣酒場に思い切って侵入する。 さくっと呑んでグッズ買って帰ろうかなーと思っていたら、カオスウルトラマンカラミティさまのご登場。 悪のウルトラマンチームを結成させていただいた。

〔日記〕ありとあらゆる毒出しが徹底的に

案の定、ひどい二日酔い。睡眠時間も短かったし、分解しきれていない。 何もヒーラー養成講座の合間に、こんなに捨て鉢で呑み過ぎなくてもいいじゃないか。ああ、でも、ありとあらゆる毒出しが徹底的に必要だったのかもしれない。 お昼は用意してもらったベ…

〔日記〕全部エールだと思って自分の栄養にする

人から嫌われるのは、ありがたいことだとこの頃は思う。昔は、嫌われるのが恐かった。 でもさ、「大嫌い」ってつまり、「気になって気になって仕方がない」っていうことでしょう? つまりそれは、「大好き」と同じ意味だよね。

〔日記〕遊行かぶきの「しんとく丸」を見に行く

主演・関陽士郎さんのしんとく丸は、思わず手を差し伸べたくなるそのぎこちなさがまた、素晴らしかった。ジロウは隣りの席で号泣していました。

〔日記〕それなら新品を買うことにします

BeatsXが片耳しか聞こえなくなってしまったので、チャットで修理が可能か問い合わせる。保証期間切れなので、修理に8,800円かかるとのこと。ちなみに、新品はお手頃なラインが出ていて、こちらは9,800円だそうだ。それなら新品を買うことにします……。それに…

〔日記〕地獄の釜の蓋が開くと豪雨になる

駅前で解散して帰路に着く。途中、御成通りのあたりから雨。パラパラと気持ち良く降っていたかと思ったら、突然数メートル先が霞むくらいの豪雨になった。あまり傘の意味なし、おろしたばかりのアラジンパンツはずぶ濡れ。 そういえば、去年の8月13日もこん…

〔日記〕何かの中毒者みたいに

筋肉痛が凄すぎて、普通に歩けない。ものすごくゆっくり、ゆらゆらと歩く。何かの中毒者みたいに。海水浴帰りの若者たちで歩道はびっちり埋まっていたが、モーゼの海割りのようにみな避けてくれて歩きやすい(とても恐かったのかもしれない)。

〔日記〕大勢で踊るとトランス状態になる

電車を乗り継いで六会日大前へ。今日のアフリカンダンスは、フロアがいっぱいになるほど大盛況。お盆休みで、みんな時間が取りやすかったのだろうか? 経験者ばっかりで、すごく迫力があった。大勢で踊るとトランス状態になる。

〔日記〕類語国語辞典を最初から書き写し始める

休憩を入れるために、アウトプットじゃなくてインプットをしてみる。南方熊楠の真似をして、類語国語辞典を最初から書き写し始める。

〔日記〕11時2分に着いたのに満席

昼はラスカルへ。11時2分に着いたのに満席。大人気だ……。しばらく外で待っていたら、大テーブルのお客さんとお客さんの間に一席つくってくれた。鶏のフォーと煮卵とコリアンダー。さくっと昼を済ませるつもりが、1時間強かかってしまった。おかげでよく本が…

〔日記〕家賃も一緒でちょうど同じ部屋

由比ガ浜大通りの不動産屋をのぞいてみたら、以前住んでいたアパートが広告に出ていた。家賃も一緒で、ちょうど同じ部屋だ。仕事場として借りるのにちょうどいいサイズと距離感だが……もとの場所に戻るというのにはなんだか抵抗がある。

〔日記〕スルメはちょうどいいかもしれない

13時58分から17時20分まで、依頼されている原稿のメモ書き。途中、スルメを食む。エネルギー切れのときに、スルメはちょうどいいかもしれない。変に糖分を摂取するよりもスッキリする。あぎあぎとゲソをくわえながらキーボードを打つ。

〔日記〕小さめのムカデがぽとっと落ちた

ジロウが「ズボンの中に虫がいる気がする」という。スネがピリッとしたらしい。探したけれど、特になにもいない。気のせいかと思ったら、首筋から小さめのムカデがぽとっと落ちた。ベランダからお引き取りいただこうと思ったら、下のおうちの屋根に落ちて鉄…

〔日記〕これで読者が減ったらどうしよう

帰宅して、ブログを書く。「これで読者が減ったらどうしよう」とドキドキしつつ、ちょっとエロスな記事をUPする。

〔日記〕思っていたのの2倍のペースで

新しい原稿のメモ書きを進める。結構分量多いな。思っていたのの2倍のペースで進めていったほうが良さそうだ。

〔日記〕 荒削りでストレートだ

すでに刊行している小説『コメリナ・コムニス』を手直ししようと、ワードで開いて一太郎に貼り付ける。冒頭を読んで赤面。……これは直すのはツラいかもしれないと思いつつ、フォントやら体裁やら整えたら、読めるような気がしてきた。書いたのは7年前? 荒削…

〔日記〕梅雨明けして始めての海水浴

16時頃から海水浴に行く。梅雨明けして始めての海水浴だ。やっと海水がなまぬるくなってくれてうれしい。こないだは痛いくらい冷たかったから。

〔日記〕くまくら珠美さんの猫絵を見に銀座「月光荘画室2」へ行く[2019年8月4日まで]

電車に乗って銀座を目指す。猫絵作家・くまくら珠美さん(@nekomatashinan)の個展を見に行くのだ。くまくらさんのことは、「猫又菩薩」で画像検索をしてみつけた。トップに出てくるのだ。

〔日記〕ココナッツウォーターが届いていた

帰宅したら、ココナッツウォーターが届いていた。うれしい。ちょうど一緒に、デトックスの錠剤も届いた。すごいタイミング。

〔日記〕勘定項目に「取材費」を新たにつくる

税理士の有竹志帆さんがおすすめしていたレシートの整理方法、「A4の紙にのり付けして、2穴ファイルに綴じる」をやってみる。今年のレシートがすっきりきれいに片づく。すばらしい。ついでに、勘定項目に「取材費」を新たにつくる。

〔日記〕マス目の罫線が欲しくなってきた

がりがりメモを取るときにはスケッチブックを使っていたのだけど、マス目の罫線が欲しくなってきた。A4サイズのリングノートで、マス目罫線があるやつを探してみよう。 ジロウも一仕事終えたようなので、一緒に呑みに出掛ける。その前に島森書店によって、フ…

〔日記〕金髪の威圧感、さすが

ヒグラシ文庫へ移動。ぎゅうぎゅうだったが、私が暖簾をくぐった途端に、観光のお客さんたちがテーブルを空けてくれた。まだ呑んでる途中だったみたいなのに。金髪の威圧感、さすが。

〔日記〕『この世界の片隅に』を観る

原作の世界が鮮やかに映像になっていた。のんの声もぴったりだ。おリンさんとの関係の生々しいところは、映画ではそっとやわらげられていた。

〔日記〕筍のサノタロー氏にそっくりだった

鎌倉ねこサロンで売られていた「ネコザワ」さんのグッズが、筍のサノタロー氏にそっくりだった。あまりにウケたので、タローさんとあっちゃんにプレゼントする。

〔日記〕鎌倉しらす柄の手ぬぐいを買う

「拭う」で、スイカの波柄と、鎌倉しらす柄の手ぬぐいを買う。しらすには、ちゃんと「しらすモンスター」、つまり蟹や蛸や他の魚が混ざっている。

〔日記〕経済の土台を整える星回りにあるらしい

「経済の土台」を整える星回りにあるらしい。無料でも読めるものをどんどん書いて発信していこう。インターネットの中に、もうひとりの自分を生み出すように。

〔日記〕海のふたを開けるのだ

蒸し暑くなってきた。汗だくなので、シャワーを浴びる代わりに今年初めての海水浴を決行する。海のふたを開けるのだ。

〔日記〕輪姦されたくらいのショックだぜ?

朝っぱらからチャイムが鳴る。 玄関に出たジロウと共に、スーツ姿の男が三人、ぞろぞろと上がり込んでくる。国税局の抜き打ち調査らしい。 はっ? でもなんでいきなり、知らない男を三人も部屋に上げてるの? おれ、ノーブラパジャマ姿なんですけど。すっぴ…

〔日記〕強制的にスイッチを切る

休みの日に昼から呑むのは、そうしないと仕事をし始めてしまうからだ。強制的にスイッチを切るために、アルコールを摂取する。酒が入っているときには仕事はしないことにしているから。